<   2007年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

TB

exiteブログは、現在トラブル中でTBが停止されちょるようです。

復旧は未定のようです。

一時はブログ表示も怪しいときがありよりましたが、その時期よりはましになっちょります。

個人的にTBを禁止しちゅうわけではありませんのでご勘弁してつかさい。
[PR]
「田んぼの生きもの調査」 in 成山 の調査結果を石川ゼミの兼田君が書き込んでくれました。皆さん参照ください。

石川さんのブログで、生きものの写真をUPしてくれています。参照ください。
[PR]
e0002820_2122354.jpg自給用の米を作らせてもらっている吾北の安藤さんはアイガモを利用して無農薬で米を作っています。アイガモが虫を食べ尽くしてしまうそうです。また、草も食べるようです。餌を捕るため動き回るときに足で土を掻きます。そうすると濁り草へ光が届かないため成長しないといった効果があるようです。
e0002820_21275648.jpgしかし今年のアイガモはあまり動かず小屋でじっとしているようです。故に見えにくいですが写真のようにコナギがびっしり生えています。さて、今後大丈夫でしょうか。頑張れアイガモ君!
e0002820_2131361.jpg
さて我らの田んぼは田植えして1ヶ月ちょっとですが、このようにめちゃくちゃ成長しています。分けつもしすぎではないかと思うほどです。田植え時3~4本だったものが40茎近くに分かれています。元肥のやり過ぎでしょうか。
e0002820_21343195.jpg左側は隙間もありそれほどではありませんが、右側は隙間が見えないほど成長しています。さて今後どんなぐあいで成長していくでしょう。割合雑草は生えていません。安藤さん曰く、こちらは3年前まで他人に貸し、慣行農法で作られていたため雑草の種があまりないため、まだ生えてないだけだと言っておりました。
[PR]
e0002820_10473383.jpg7日の午前中「ボランティアガイダンス」が実施されました。ボランティアを募集する側とやりたい方とのお見合いの場です。写真は四宮さんが挨拶しているところです。
e0002820_16424153.jpg「土佐の森・救援隊」と「わしの里元気村」が並んで出店しました。いろいろの方がのぞいてくれました。新たな参加者が増えることを期待したいですね。
[PR]
e0002820_2102317.jpg
本日の調査隊です。今回の調査は先日講習を受けた事務局よりお誘いがあり実現しました。雨が心配でしたが、ちょうどいい天気になりました。
e0002820_2124965.jpg
石川ゼミの学生が基礎データ(水温や電気伝導度等)を計ってくれています。
e0002820_214224.jpgこちらは石川さんと中田さんが水生昆虫と土中の生きものを採取してくれています。畦のカエルの調査は、先に来た成川さんが畦を歩いてしまったのできちんと数えることが出来ませんでしたが、トノサマガエル、ツチガエル、アマガエル、ヤマアカガエルが確認できたようです。午後2時過ぎからの調査でしたのでちょっと時間が足りない感じでした。
e0002820_2153035.jpg水生昆虫のサンプルです。ガムシ、ゲンゴロウの幼虫、ガムシ、ゲンゴロウの成虫等がいます。幼虫がユスリカを食べ始めています。
土中にはとにかくユスリカがわんさといました。イトミミズがかすんでいました。
細かい調査内容は学生がコメントで知らせてくれると思います。水生昆虫の写真は石川さんがTBかけてくれると思います。お楽しみに!

今年は近藤さんの田んぼでおこないましたが、本来高橋さんの田んぼでできれば素晴らしい結果が出るはずなのですが、水不足で米が作れてないのが残念です。昨年までの経験で、見た目ですが生物量は5~10倍高橋さんの田んぼが多いですね。
田んぼビオトープの水生昆虫調査も本日実施しようと思っていましたが遅くなり出来ませんでした。7/16(月)9:00~より再度おこないますので皆さんよろしくお願いします
e0002820_2195455.jpg
帰り際に石川教授がカワラナデシコを見つけ、群生しているのに驚いていました。鮮やかで美しい花ですね。
e0002820_2112467.jpg秋の七草の一つで、このように群生しているのは最近珍しくなってきているとのこと。美しいので地元の方も草刈りせず残してくれているようです。蛇紋岩地によく見られるようです。
[PR]
e0002820_2125631.jpg
最近OPENしたばかりの 道の駅「十和」おかみさん市 の試食会に参加しました。この道の駅、四万十川を見渡せる素晴らしい立地です。真新しい檜の臭いに満ちていました。
e0002820_21284247.jpg一通りの種類をいただきました。白米は匂い米でおいしく、ちらしの味付けは抜群でした。赤飯は我々はアラキモチの赤飯を食べ慣れているせいか、かなり貧弱に感じました。おかずも味付けはよいのですが全体的に少し物足りなさを感じました。この料理は週1回バイキング方式でメニューに加わるということですが、料金が1500円だそうです。先に値段を聞いていたため1500円にしては貧弱という感じでしょうか。
e0002820_2135566.jpgこれはデザート達です。
まあそれにしても、60人のおかみさん達が頑張っているとのこと。大したものです。この道の駅で確たる拠点も出来たので更に発展してほしいものです。
e0002820_21393236.jpgこの日は結構な雨が降っていたのですが、四万十川のいくつかの支流から、本流をかなり上回る濁水が流れ出ているのが見受けられました。本流も結構濁っています。支流の濁りはおそらく山でしょう。春は田んぼでかなり濁っていたようです。四万十川もだいぶん病んでいるようです。
これだけの組織が出来つつあるので、これを持続発展させるためにも「清流四万十川保全」という大義で環境保全型農業や地域づくりを大きく推進するようにしたらどうか、と責任者とも懇談しました。責任者の方は20年前の四万十川と現在との違いがよくわかっており、このことを話すと焦りを感じると言っていましたが、馬力がないのでなかなかという感じでした。四万十川は地元にとってはよそから見るほど守るべき対象ではないのでしょうか。
e0002820_21541841.jpgそれはさておき、窪川の道の駅に「朝霧森林倶楽部」の島岡さんの無農薬米(古代米等)数種類がコンパクトに売られていました。安い米もこうやって売ると新たな価値が..レジの方に聞いてみるとかわいらしくて結構売れており人気商品とのこと。さすが島岡さんですね。
[PR]
e0002820_1935191.jpg
蒸し暑い中、以前伐った木の搬出作業を行いました。しかし林間は意外に涼しかったですね。
約100mの架線を張っての搬出です。ここの木の伐採は3月ですので既に3ヶ月以上経っていますが、全く虫も入っていませんし、皮もはげていません。実にきれいな状態でした。さすがに冬場の土の日を外して伐った木は違いますね。

6月の定例会の時に研修で伐った木は、伐るのを待っていたかのように虫が集まってきました。

              本日の参加メンバーです。
e0002820_19434343.jpg

[PR]
e0002820_17525570.jpg
高知シティFMに「ハッシーと西やんの ラジオでつなぐ防災フォーラム」という番組があります。

この番組に「土佐の森・救援隊」として呼ばれました。地震防災という面から見た森林及び森林ボランティアの役割といったことを語り合いました。

終了後西やんと一杯やりましたが、西やんもほんとに精力的に頑張ってられます。励みになりますね。
[PR]
←menu