焼畑で山おこし

「焼畑による山おこしの会」は昨年有志で立上げ現在16名の方が参加してくださっている。冒頭のタイトルはこの会の中心メンバーの一人である、高知女子大学の橋尾教授が中心となり編集された機関誌の名前です。(2005年3月31日発行) この創刊号の目次を紹介します。
・巻頭言 焼畑で人びとが活きる・・・上田孝道(会長)
・巻頭言 先人たちの伝統に学び新しい焼畑文化を創造する・・・橋尾直和
・焼畑集落の文化環境・・・編集委員
・焼畑回想・・・焼畑経験者
・懐かしい山焼きの思い出・・・奥田英雄
・焼畑にたどり着く・・・上田孝道
・焼畑の生活語文化と山おこし・・・橋尾直和
・熱帯の焼畑と温帯の焼畑・・・田中壮太
・焼畑による地域の活性化・・・山口聡
・焼畑にかける想い・・・加藤正彦
・ふり返れば未来・・・中嶋健造
・逆転の発想・・・高梨陽光
・編集後記・・・橋尾直和

7月3日に池川にて火みち作りをおこないます。火入れは7月末ごろか?
[PR]
by ken_nakaji | 2005-07-01 06:12 | 焼畑 | Comments(0)
←menu