<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月28日は千葉県大多喜町にて「シンポジウム 「自伐型林業×タケノコ栽培による地域活性化~大多喜発の地方創生モデル」
主催は株式会社良品計画です。会社の案内のHPはこちらです。
(開催概要)
荒廃する山林・竹林を重要な地域資源と再認識し、遊休山林・竹林での自伐型林業と、関東随一といわれる大多喜のタケノコ栽培を生業・副業として誰もが参加できる地方創生モデルを、NPO法人「自伐型林業推進協会」代表理事・中嶋健造氏の基調講演、ならびに鹿児島県出水市・高知県四万十市・千葉県大多喜町など各地の事例紹介、およびパネルディスカッションを通して考える場とします。林業に関心ある方、林業で起業したい方、里山の資源を活用する仕事をしたい方、山林竹林を整備したい・してほしい保有者の方、山林竹林整備による環境保全に関心ある方、 大多喜への移住に関心ある方、様々な方々の参加をお待ちしています。
開催場所:
千葉県夷隅郡大多喜町小田代524-1 旧老川小学校
Google マップ
開催時間:
13:00~16:30
(12:00開場 希望者のみ16:45~18:45懇親会)
集合場所:
旧老川小学校 多目的ホール
アクセス:
お車でお越しの場合
①アクアライン経由 圏央道(市原鶴舞IC)から県道171号線から県道81号線
②館山道(市原IC)から国道297号線から県道81号線
※無料駐車場をご用意しています。
電車でお越しの場合
・小湊鉄道「養老渓谷駅」11:32着
→小湊鉄道バス「養老渓谷駅」(粟又行)11:40発→「老川(郵便局前)」11:48着 徒歩5分
・いすみ鉄道「上総中野駅」12:01着
・小湊鉄道バス「中野駅」(粟又行)12:10発→「老川(駐在所前)」12:18着 徒歩5分
(帰路)
・小湊鉄道バス 老川(駐在所前)→上総中野駅方面
16:20発→「中野駅」16:27着(いすみ鉄道16:40発・大原行き)
17:07発→「中野駅」17:17着(いすみ鉄道18:24発・大原行き)
・マイクロバス 旧老川小学校→養老渓谷駅
16:45発→16:55着(小湊鉄道17:24発・五井行き)
18:10発→18:20着(小湊鉄道18:25発・五井行き)
※現地までの集合、解散後についてはお客様の自費にてご負担をお願いいたします。
※お車でご来場の際は、余裕を持ってお越しください。現地にて駐車場のご案内をいたします。
※電車でご来場の際は、小湊鉄道 養老渓谷駅 または いすみ鉄道 上総中野駅が最寄りとなります。
(電車・バスとも本数が少ないので事前にご確認ください。)
参加対象:
特になし
参加費:
参加費:無料
懇親会参加:1,500円
定員:
100名様
講師:
中嶋健造
主催:
株式会社 良品計画
後援:
大多喜町、NPO法人自伐型林業推進協会
協力:
養老渓谷温泉旅館 滝見苑、養老渓谷温泉旅館 福水
注意事項:
当イベントに関するお問合せ先 : 090-1702-6921(株式会社良品計画 大多喜事務所・平日10時~17時)
応募者の方に、交通手段・懇親会参加有無等の確認のご連絡をさせていただきます。
準備の都合上、10月26日(木)までのお申込み登録をお願いいたします。
申込方法:
下記の応募フォームより、お申し込みください。
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきますのであらかじめご了承願います
キャンセル:
キャンセルはMUJI passportメッセージ通知またはイベント登録完了メールより手続きをお願いします。

[PR]
このフォーラムの開催趣旨は以下の通りです。詳細はHPをご覧ください。

持続的森林経営を目指す「自伐型林業」に参入する人が全国で増え、移住者の受け入れや起業準備の支援を始めている自治体も増加しています。また、自伐型林業を始めた人たちが実際にどうすれば食べていけるのか、自立・自営の形を目指せるのか、そもそもどうやって始められるのか、というスタートアップの相談から、森林資源の在庫を増やしながら生産量をどう増やすか、同時に森林に永続性を持たせるための環境保全型の施業手法はどう展開するか?林業は季節性があるため副業・兼業をどうするかなど、既に実践を始めた方からの相談の声も当協会には続々と寄せられています。

 今回は、実際に受け入れを始めた自治体の担当者と、そこに移住して自伐型林業を始めた人たちの声を聞きながら、自伐型林業を始めるために必要な準備や心構え、具体的な経営手法までを参加者同士で共有する場にしたいと思います。生業としての経営戦略とその実践に、自伐型林業の面白さ、深さや高みがあります。先駆者の経営実践のノウハウに触れる機会となれば幸いです。
これから自伐型林業を本格的に始めようとしている方、実践を始めたもののうまく展開の道筋が見えない方など、みなさんの参加をお待ちしています。
[PR]
←menu