<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

陸前高田市での今年度最終の研修(作業道敷設研修&経営相談)をおこなってきました。
今回の経営相談会では、集落営林型の自伐展開したい地域の山林を見てきました。十分業として成り立つ山林でした。山林をまとめて担い手を育成する形で、モデル事例化しようということで合意しました。来年度それに着手できるよう段取りたいですね。
また、大船渡市と陸前高田市に130ha所有する地主さんが、山守(自伐型林業者)を確保したいということで相談がありました。山林も十分成り立つ山林でした。
陸前高田市でも自伐展開したい人たちが陸続と現れてきております。来年度が本番ですね。皆さんよろしくお願いします。
e0002820_12260508.jpg
e0002820_12260511.jpg
e0002820_12260520.jpg


[PR]
先日の北上での自伐型林業フォーラムの模様が、岩手日日新聞に紹介されています。
また、昨日関西では朝日放送のキャスト(夕方5時~7時)にて紹介されたと連絡を受けました。
かなりマスコミも重要視してくれ始めたようです。地方創生のカギであることが徐々にわかってきたようですね。
e0002820_12224413.jpg
e0002820_12224425.jpg
e0002820_12224451.jpg
e0002820_12224447.jpg
e0002820_12224458.jpg
e0002820_12224469.jpg
e0002820_12224584.jpg


[PR]

先週は、熱海市役所の視察と朝日放送のテレビ取材を同時にこなしてきました。
安藤さんの6次産業化自伐林業、谷岡君の専業自伐林業、梢ちゃんの夫婦自伐型林業、宮崎君の観光との兼業自伐型林業、佐川町の地域おこし協力隊(移住型自伐林業)を見てもらいました。
特に梢ちゃんの夫婦自伐林業が注目されました。
1枚目の写真から、嫁の梢ちゃんが作業道を敷設する、夫の勇太君が支障木を伐採する。二人で枝払い&造材、整理。見事な連携プレーです。取材中にも数m敷設が進みました。
高知県内では、夫婦で自伐型林業を展開するチームが増えています。谷吉・梢ちゃん夫妻、浜口夫妻、大久保夫妻、これから始める中平夫妻と、彼らを指導する橋本師匠は夫婦自伐林業を30年前から実践しています。

熱海市役所の方々や朝日放送の方々も、大いにびっくりされていたことでしょう。どんどん自伐による夫婦林業や親子林業が進展してもらいたいですね。

e0002820_08271884.jpg
e0002820_08271830.jpg
e0002820_08271812.jpg
e0002820_08271896.jpg
e0002820_08271833.jpg
e0002820_08271871.jpg


[PR]
2月7日(日)には岩手県北上市にて自伐型林業フォーラムをおこなってきました。北上の地にも着実に自伐の足音がし始めました。
参加していただいた人数は160人を超え、スタッフ・関係者を入れると200人近い参加数となりました。
今回は三菱製紙さん、北上ハイテクペーパーさん、新北菱林産さんという需要側企業が主導で取り組みが進み始めていることが特徴です。
岩手県は同時多発的に動きが始まっています。まずはモデルとなる人たちを育てていきたいですね。それから広葉樹による森林経営モデルを創出することへも挑戦することになります。
岩手の皆さん、よろしくお願いいたします。
動画も配信されているようです。
e0002820_08225313.jpg
e0002820_08225318.jpg

[PR]
←menu