<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本を代表する林業地、奈良吉野にて「自伐型林業フォーラムin吉野」をおこないます。
3月21日(土)奈良県下市町の下市観光文化センター 13:30~ です。
シェア、拡散、大歓迎です。

現在、吉野林業では大山林所有者を中心に自伐化が進展してきています。彼らの理論や考え方は自伐型林業と同じ方向を向いており、今回協働して自伐型林業フォーラムをおこなうことになりました。今回は1回目ということで、今後も繰り返しながら深めていきたいと思います。
自伐型林業は幅が広く、林業再生に向けたベクトルは間違っていないことを、吉野林業再生に取り組む人たちと共有したいと思います。興味のある方は、ぜひご参加ください。

e0002820_16335838.jpg
e0002820_16335715.jpg


[PR]
昨日と今日は、陸前高田市の久保田副市長さんはじめ役場職員の方々の視察を受け入れておりました。
初日は橋本林業です。高齢樹の混交林、急傾斜の山林の作業道等、驚いたのではないでしょうか。2年目の谷岡君の山林、6次産業化に自信を深める安藤さんの山林と製材所、薪ボイラー導入施設を視察されました。
自伐型林業の奥深さ、展開の多様さ、森づくり力、作業道敷設力、木質バイオマス利用等、大いに参考になったものと思われます。
陸前高田市の来年度の取り組みに期待したいですね。
e0002820_22502178.jpg
e0002820_22502132.jpg
e0002820_22502129.jpg
e0002820_22502172.jpg
e0002820_22502137.jpg


[PR]
若手自伐型林業家の合宿に参加してきました。
むちゃくちゃ盛り上がりました。新たな凄い息吹を感じました。うねりになり始めています。きちんと生業になり始めている人、その手前で試行錯誤している人、これから始めようと意気込んでいる人、様々ですが、みな「やってやるそ!」という気合がみなぎる合宿でしたね。
この輪はどんどん拡散していくと感じます。素晴らしい合宿でした、指導いただいた橋本さんと事務局に感謝です。

このグループは「先祖の山守隊」というグループです。
作業道、材の販売、森林経営等、多くを学び実り多い研修になったことと思います。
着実に林業技術、経営を向上させ、自立する姿を全国各地で見せてもらいたいですね。既に多くの若者が証明しつつありますね。頼もしいかぎりです。
e0002820_22475547.jpg
e0002820_22475498.jpg
e0002820_22475541.jpg
e0002820_22475578.jpg
e0002820_22475531.jpg
e0002820_22475486.jpg


[PR]
先週、南会津の方々と土佐清水から大月・四万十市へ移動中、昼食をとるために道の駅(大月ふれあい市)に立ち寄りました。
駅内にある産直市場で写真の、種類の違う刺身をいくつも買い、寿司も併せて4人で分け合って食べました。
あまり出回らない魚の刺身が多く、高知に住んでいながらほとんど食べたことないものばかりでした。
食べてみると皆、「うま~い!」の連発です。特にバトウ?、クロハゲ?は抜群に旨く、こんな刺身久しぶり!状態でした。何とも贅沢なのですが実に安く、大満足のヒルメシになりました。昼時なのにこうやって食っているのは我々だけという、何とも穴場でした。
めったに通ることのないところですが、実によいところを見つけました。
e0002820_22414260.jpg
e0002820_22414243.jpg
e0002820_22414294.jpg

[PR]
鹿児島から伊丹へ向かう窓から見えた、激しく皆伐された山林です。霧島を過ぎると見えてきましたので宮崎県内でしょうか。最初のエリアは3割が既に皆伐されているような感じです。再造林されても、向こう40年生産ができません。かなり荒い間伐施業地もありました。
大規模な発電が九州は乱立しています。この発電所は間伐して林地残材を出荷する人を増やす取り組みを全くせずに動き始めています。さらに増える状況となるでしょう。こういうのは気が滅入りますね。
こうなれば自伐展開もできません。こういう状況が全国に広がる前に手を打たないといけません。発電事業者にも提案していかなくてはいけません。
自伐展開は時間との戦いでもありますね。
e0002820_07381037.jpg
e0002820_07381090.jpg
e0002820_07381082.jpg

[PR]

長浜で目覚めた後は、今回のロードの最終地、吉野へ移動です。
来月予定しているフォーラム「自伐型林業フォーラムin吉野」の打ち合わせです。吉野にて自伐型林業を展開している方々が集まっていただきました。
今回のフォーラムでコーディネーターをやっていただく、吉野林業に詳しい愛媛大名誉教授の泉さんにも来ていただきました。
登壇していただく大山林所有者の方々に集まっていただきました。有意義な打ち合わせとなりました。
みなさん自伐型林業と今回のフォーラムに賛同いただき、成功させることを約束しました。

打合せに先立ち、谷林業さんの施業現場も見学させてもらいました。かなり急傾斜の山が多く苦労されていましたが、若者たちが頑張っていました。


e0002820_14284965.jpg
e0002820_14285016.jpg
e0002820_14284937.jpg


[PR]
長浜市の第2回目の自伐型林業フォーラム、かなり良いフォーラムとなりました。
今回は若手自伐型林業者が揃い、身近な存在として感じていただいたのではないでしょうか。
来年度は研修も始まります。どんどん若手に出てきてもらいたいですね。
e0002820_09444029.jpg
e0002820_09443791.jpg
e0002820_09443295.jpg

[PR]

12日・13日は鹿児島出水です。

出水市は既に自伐型林業展開を決めています。現在、具体的にどう展開するか検討中です。
今回は木質バイオマスの調査検討状況の報告会です。来年度の本格展開に向けて楽しみです。本日は現場展開する山林の視察等を予定しています。

九州は、これまで何度となく訪問(対馬・五島・竹田・阿蘇・大津・五ヶ瀬・延岡・水俣・鹿児島)して自伐型林業を提案や研修を実施してきましたが定着しませんでした。
これでやっと九州にも持続的な自伐展開を定着させられそうです。


e0002820_10195669.jpg


[PR]

2月11日は、朝早く仙台を経って小松空港へ、その後福井へ移動してフォーラムへ参加してきました。終了後はサンダーバードへ乗って大阪まで移動してホテルへ入ったとこです。今回はかなり長いロードですが、やっと半分を超えてきました。明日から出水市、長浜市、吉野です。

今回はJSTで知り合った東京農工大の福井教授の招きによるものです。場所は福井市の旧美山町でしたが、自伐展開を始めるというものではなく、その前段階の情報提供です。最近は実際に展開し始めた地域の本格支援が多かったために、今回はちょっと気楽でしたが、スケジュールがなかなか厳しく、ちょっと現在疲れ気味です。
この地域は小水力発電に熱心な感じです。しかしこの地域、森林率97%だそうで、自伐型林業展開を始めないと地方創生にはなりそうにない地域です。少しでも目を覚ましてくれる人が出ることを期待したいですね。

e0002820_10103165.jpg
e0002820_10103145.jpg

[PR]

昨日から来ているのですが、昨晩はかなり飲みました。酒の強い橋本さんと飲むといつもこういう状状況になります。
NPO吉里吉里国は自立しているものの、林業収入の割合がまだ低いのが現状です。この割合を高くすることが持続的な安定につながります。向こう3年の計画を一緒に考えました。ほぼ道筋は見えてきました。その計画通り着実に進める覚悟が必要です。
作業道の技術は、その最たる必要事項です。必死に身に着けてもらいたいですね。

前後に、気仙沼市と陸前高田市へも立ち寄り、打ち合わせしてきました。気仙沼では次の自伐チーム育成、陸前高田市は今月末の徳島・高知視察の件と3月末に自伐型林業フォーラムをおこなうことで合意してきました。
どの地域も、着実に一歩一歩です。

それにしても現在の三陸地域は復旧・復興工事がピークに達しています。もう粉塵だらけで鼻の穴が真っ白です。


e0002820_07095457.jpg
e0002820_07095472.jpg
e0002820_07095404.jpg


[PR]
←menu