<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日は尾﨑高知県知事による「対話と実行座談会」がいの町でおこなわれ、今回のテーマは「小規模林業の取り組みについて」ということで、自伐型林業推進についての座談会となりました。

内容は進行も知事自身がおこない、発言を聞いても知事が本気になって展開し始めたことが伺えます。堀見佐川町長も参加され大いにエールを送る展開になりました。(写真を撮り忘れてのが残念)
自伐型林業が中山間地域の大面積を持つ森林の本当の活用に貢献し、再生のカギになることを理解され始めたようです。

今後の課題は、県の林業担当部局が本気になるかどうかです。これまで委託請負型の大規模林業、森林組合支援一辺倒におこなってきた人たちが、考え方を変えられるかどうかがキーになります。最近でも「自伐という言葉は日本の林業の辞書にない。だから支援の必要などない」との声も聞こえてきています。県の林業職員には、本当に本気になっていただきたいですね。そうすれば高知県は、この分野で日本のモデルになるでしょう。
我々は、そうするために知事とタッグを組んで突き進みたいですね。
ともかく、高知県林業にとって一歩前進した日となりました。これからが勝負ですね。
[PR]
今週初めは京丹後市へ行ってきました。
ワーカーズコープによる自伐型林業者育成プログラムの一環です。
京丹後市は「木の駅」を実施しておりますが、自伐林業者は育っておりません。買取価格はよいのですが、出荷量がちょびちょびです。今後工夫と戦略的な政策が必要です。

京丹後市にとって、お遊び的な木の駅から、本格的な就業につなげるために自伐型林業推進に着手できるかどうかが試されています。ワーカーズも準備不足は否めませんが、京丹後市と組むことにより相乗効果を発揮できるかもしれません。京丹後市も大いにこの取組を利用すべきですね。
消滅自治体から脱皮するためにも、自伐型林業の本格的な推進に着手してほしいものですね。

公開講座もおこないましたが、数人「自伐型林業を本格的に実施したいので聴きに来ました」という方がおられました。自伐型林業、じわじわ地域住民にも浸透し始めていますね。
e0002820_918546.jpg

[PR]
四万十市名鹿にある「山みずき」、四万十川河口を見下ろす絶景を持つ温泉です。この温泉に薪ボイラーのガシファイアーが稼働し始め、地元の若手自伐型林業者が供給する、完全地域循環システムが出来上がっています。
導入した「山みずき」さんも、導入効果に驚いておりました。燃料コスト四分の一に激減しています。これにより源泉掛け流しが実現できると大喜びしておりました。
燃料の少なさにも大感激、灰の少なさも同じです。生木を投入できるため、在庫も少なくてよく、運用も楽だと大満足な感じ。
まだ一か所だけなので原木使用も小さいのですが、地域反響は大きくなりそうな予感です。

終了後、三原村へも寄ってきました。三原村のNPOが自伐型林業による地域就業づくりへ着手されました。じわじわ幡多地域へも浸透し始めていますね。

話しは変わりますが、三枚目の写真は大きな皆伐です。自伐と真反対の林業も進んでいます。こうなってしまうと自伐もできなくなりますね。時間との戦いでもあります。
e0002820_6492241.jpg
e0002820_6493375.jpg
e0002820_650667.jpg

[PR]
愛媛県西予市の菊池林業さん(ミカンとの兼業自伐林家)を訪ねました。菊池君と親父さんも出てきてくれました。お二人とも元気そのものです。親父さんの代から自伐を始め、現在順調に森林経営を持続させておられます。80~100年に近いヒノキも育って来ており、今後がますます楽しみな状況です。新たに取得した雑木林や松枯れした松林には再造林しており、造林技術もしっかりしています。故に、樹齢構造も分散しておりバランスの良い人工林になっている感じですね。
自伐林業の特徴がよくあらわれていました。

また、この地域はミカンの産地で専業のミカン農家が多い地域です。その中でミカンに負けないどころか、ミカンを上回る収益率を自伐林業があげています。若者の仕事として十分成立することを証明しています。
その情報をもっともっと世に示してもらいたいですし、自伐型林業推進協会としても出さないといけないですね。
愛媛県中南予と高知県西部は、彼のところとほぼ同じ状況です。大いに可能性ありです。

「地方創生は自伐にあり」ですな。
e0002820_16552833.jpg
e0002820_165559100.jpg
e0002820_16562343.jpg

[PR]
尾﨑正直高知県知事が9月定例県議会及び記者会見にて自伐林業支援を表明しました。
自伐型林業推進にとって大きな前進ですね。具体的にどういう内容になっていくか注目しなければなりませんし、効果的な支援が展開されるように、我々もどう関わるか、気を引き締めなければいけませんね。

他県に対しても知らせてあげたいですね。
e0002820_8421021.jpg

[PR]
今年から、ワーカーズコープさんが失業者への就業支援に自伐型林業への就業を本格的に取り組み始めました。台風一過後の2日間その対応をしました。
本格的な失業者対策として取組むのは始まったばかりです。

これまでは地域の副業対策、若者の移住対策が主でしたが、新たなステージです。確実に自伐の取り組みは広がっていますが、研修内容はそれに合わせて変えなくてはいけないことを実感しています。しかしこれは、幅広い要求に対応性があるか試されているということですので、頑張らねばいけませんね。
おそらくこれまでのように、自分で希望して積極的に自伐林業に入ってくる人と、失業訓練で来る人は自己展開力に差があるような感じです。ともかく可能性を探りながら開発していきたいですね。ワーカーズもどんどん成長し、進展してもらいたいですね。

この研修は広島でおこないましたが、終了後は愛媛県松野町へ、松野町でも自伐型林業展開が始まってほしいですね。町長や担当課長にも勉強してもらいました。
e0002820_1981258.jpg
e0002820_198268.jpg

[PR]
本日の朝8:00、読売テレビ「ウェークアップぷらす」にて、自伐型林業が放映(「地方創生のカギは林業」)されました。
気仙沼事例(漁業兼業型・農業兼業型・木質バイオマス)、上名野川事例(集落営林型)の自伐型林業が、うまく表現されていました。

ゲストは、地域創生担当大臣:石破茂氏、元総務大臣:増田寛也氏
石破地域創生大臣も「高性能林業機械を使った大規模以外の手法で、地域就業が創れている。違うやり方があるよね。そういうやり方を国も支援する」と発言しました。
今日は、自伐型林業にとって、一歩も2歩も前進した日かもしれませんね。
e0002820_15255658.jpg

[PR]
昨日は自伐型林業普及に協力いただいている国会議員の方々を訪問させていただきました。
まず、自民党副幹事長の坂本哲志議員です。税制調査会の合間を縫って懇談させてもらいました。自伐型林業推進議員連盟の立ち上げを提案いただきました。

次に、総務大臣の折には大変お世話になった新藤義孝議員です。現在、自民党地方創生実行統合本部の本部長代理に就任されています。地域創生の武器として自伐型林業活用することを約してくれました。また坂本議員と同様に自伐型林業推進議員連盟を立ち上げることを提案いただきました。また今後の対応について細かい指示もいただきました。

最後に中谷元議員に会う予定でしたが、議員の配慮によりあべ俊子農林水産副大臣と懇談させていただきました。自伐型林業のプレゼン及び活用のアピールさせてもらいました。あべ副大臣は高知県知事が自伐型林業推進をし始めたことをとても評価しておられ、モデル的展開を支援できるようにしたいと前向きな発言をいただきました。あべ副大臣は前もって自伐型林業情報を得ており、会う前から好印象を持っておられたようです。農林水産省にも自伐の矢がささりつつあります。
段取りいただいた中谷議員に感謝です。

いや~午後の短い時間に、4人の重要ポストに就く方々に次々会うことは、かなり労力を使いました。しかし議員にわかっていただくことは重要なことですので、積極的に展開したいですね。
議員会館と農林水産省の後は、一橋大学と東京工業大学が展開するグローバルリーダー教育院「松木道場」にて博士を目指す若者への講義と懇親会に参加しました。かなり疲れた後でしたが若者との対話は楽しかったですね。林業への理解が深まってもらえればありがたいですね。

いや~かなり濃い1日でした。
e0002820_2158396.jpg

[PR]
台風一過の快晴のもと、生協のパルシステムの代表者や幹部の方々と、パルと連携する南都留森林組合や、元気な亀山初美さんが自伐型林業の視察に来られました。
自伐林業始めて2年目の谷岡君や、林業6次産業化の安藤さんに会い、林業認識を刷新されたのではと思います。
堀見佐川町長も対応いただき有意義な視察研修となりました。
今後自伐協や佐川町との連携を模索します。パルシステムからのおもしろい提案もありました。
自伐協は今後、企業との連携も積極的に進めていきたいと思います。
南都留森林組合は、みなべ川森林組合に次いで自伐型林業推進に踏み込むかもしれませんね。
パルシステムの森林・林業方針はHPを参照ください。
e0002820_1032946.jpg
e0002820_10322593.jpg
e0002820_10323666.jpg
e0002820_1033244.jpg
e0002820_10331626.jpg

[PR]
大日本山林会の「山林」10月号に寄稿させてもらいました。
題名は「自伐型林業者を組織化することの意義」です。
NPO法人持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会の設立意義という感じです。
e0002820_1374495.jpg

[PR]
←menu