<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0002820_743959.jpg
この案内板は、島根県益田市役所内です。益田市は自伐林業推進を自治体あげて実施することになりました。
先日、市長さんや議会議長さんはじめプロジェクトメンバーで確認してきました。その中核課が林業水産課です。市有林を活用しながら、民有林展開をおこなう計画です。出口対策としての薪ボイラー導入も併せて実施する予定です。

先進事例となった高知県仁淀川町は、残念ながら離脱してしまいましたが、宮城県気仙沼市がいち早く導入し、今回益田市が続きました。益田市の隣の津和野町も続くべく、役場職員が奮闘してくれています。来月からは、仁淀川町の下流の佐川町が続いてくれそうです。
和歌山の、みなべ川森林組合も全面的に自伐林業推進をおこなうと、全国初の森林組合対応が始まっています。組織体による自伐林業推進が始まりましたね。加速することを期待しましょう。
[PR]
総務省に「地域資源・事業化支援アドバイザー事業」という事業があります。
地域資源・事業化支援アドバイザーに登録されている者を講師やアドバイザーとして呼べるというものです。費用は当事業でカバーしてもらえます
残念ながら、9月末で締め切っているようですが、予算が残っていれば締め切り後も対応してもらえるようです。
おそらく来年度もある事業だと思います。来年度に向けて検討するのもいいかもしれませんね。
自伐林業推進や木質バイオマス推進を検討している地域は是非検討下さい。
私も登録されていますので、是非こういう事業を使って気楽に呼んでいただけると、ありがたいですね。
e0002820_2217394.png
e0002820_22173292.png

[PR]
e0002820_18594386.jpg

昨日、高知県佐川町長選挙が行われ、新人の堀見氏が圧勝したという記事が高知新聞の1面を踊りました。
堀見氏は、選挙戦前に地元の方の紹介により、じっくりと話をすることができました。
彼は実は私と会う前から、自伐林業に興味を持っておりまして、私と懇談する中で自伐林業を林業政策として公約するに至りました。

その堀見氏が今月末から町長となります。全国で初めて自伐林業政策を公約化した町長が生まれました。
林業にとって、新しい時代の幕が開いたかもしれませんね。非常に面白くなってきました。
高知県下に自伐林業が流布する前兆になってほしいですね。
ガンバレ!堀見町長
e0002820_1974338.jpg

[PR]
←menu