<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0002820_20331899.jpg
土佐の森の「タンコロ市場」です。
ヒノキのタンコロを集めて木工用原木販売市場開催です。
もう既に全量販売確実になっています。市は31日価格勝負ですね。
やはり、ほしい人は結構いるのですね。
さすが前理事長!
商談する人の姿も
e0002820_20333284.jpg

[PR]
3月も一気に突っ走りました。
青森県から始まり、栗駒、大崎市、四万十市、智頭町、総務省、内子町、由利本荘市、舞鶴市、上越市、南砺市、大槌町、阿智村、林野庁、製紙連合会、と転戦しました。
自伐林業の情報提供と、具体的展開に向けた協議、展開の加速化に向けた協議のためです。
一つ一つの地域を大事にしながら、手を抜かずにサポートしていきたいですね。
来年度はさらに加速させたいですね。

明日の年度末最終日にも重要な懇談会、視察が待っております。
e0002820_1557191.jpg
e0002820_15571468.jpg
e0002820_15574314.jpg
e0002820_15575897.jpg
e0002820_1558890.jpg
e0002820_15582562.jpg

こういう転戦の中で、食べるうまい料理が癒してくれますね。
3月はなぜか日本海側が多かったですね。
e0002820_15592826.jpg
e0002820_15593637.jpg

[PR]
1回目は、どうしてもキャンセルできない約束があったため出席できませんでしたが、2回目は何とか出席しました。
総務省は地域活性化のための施策として
①エネルギー等地域経営型
②公共クラウドベース
③機能連携広域経営型
をある程度決め込んできている感があります。
私が参加している意味は、こういうインフラシステムの中に、土佐の森方式や自伐林業方式が、またそこから派生してくる小さな地域産業が展開できるような仕組みとして、組み立てさせる事だろうと思います。
それが役目ですね。
これを実現させるために頑張りたいと思いますね。
e0002820_15414350.jpg
e0002820_15415173.jpg

[PR]
昨晩は鳥取にて鳥取大学の家中さんと打ち合わせをしておりましたが、自伐林業がどういう位置づけにあるか、どういう風に言えばわかりやすいか考えましたが、こういうことですね。

私はかつて(昭和の終わり)IT産業に携わっておりまして、当時の主流はメインフレームです。NEC、富士通、IBMが闊歩していました。その当時はマクロソフトやアップルはその足元にも及ばないという状況でした。
しかし平成に入りWINDOWS開発されるや否や、一気に形勢逆転です。
これどういうことか、何が変わったかというと、メインフレームは販売先が中・大手の企業です。全国に数十万企業が市場ということ
です。
しかし、WINDOWS(パソコン)の販売先は個人です。全国数千万です。一気に市場を二桁違いにしたということです。
これでビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズはスーパースターになりました。
IT産業にとっての市場を企業から一般個人に広げ、市場を百倍にしたことがIT産業のイノベーションにつながりました。

林業界は今、地域に一つしかない森林組合と件に数十社ぐらいの素材生産業者で占められています。全国で森林組合は千ちょっとでしょう。
自伐林業を地域に根付かせるということは、林業を地域住民みな対応可能とするということです。IT産業界のビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズがおこなったことと同じイノベーションを起こそうということです。
私の試算では、全国50万人は対応可能です。千ちょっとの市場を50万まで拡大させるのです。林業を百倍以上の市場にしようというイノベーションの取り組みなのです。自伐林業機械は×50万で販売されるのです。材収集土場は全国数千箇所生まれるでしょう。薪ボイラーは数万台売れるでしょう。自伐林業の周りで生まれてくる種々の副業が、それぞれ新たな流通や産業を起こしてくるでしょう。中山間地域の大きな産業がいくつも生まれてくるのです。中山間地域へのIUターンの人口還流が一気に起こるということです。住宅も新たに建つようになるのです。商店も増えるでしょう。

また、森林環境保全、森林の多面的機能も両立させられるのです。

これが自伐林業の持つ力、影響力なのです。
e0002820_649176.jpg
e0002820_6492942.jpg

[PR]
全国を旅しながら自伐林業普及に全力で走っておりますが、自伐林業チームが急速に増え始めました。
自伐林業急拡大に向けて、機が熟しつつありますね。

この動きの始まりが、仁淀川町上名野川地区と、チーム安藤と言えます。
上名野川地区では「チーム片岡」が3組おります。副業チームも二つほど。
上名野川の中心チーム「チーム片岡T」自信に満ちた表情が印象的です。
e0002820_875767.jpg

もう一つの「チーム片岡K」も頑張っています。
e0002820_8133035.jpg

同じころたちがった、高知県いの町の「チーム安藤」です。
e0002820_8144130.jpg
e0002820_8145944.jpg

同じ高知県四万十地域は「チーム宮崎」(シマントモリモリ団)が一気に加速しております。もう既に100ha以上を確保し、25年度から一気に始まります。メンバーも林業女子含め6人程度確保しております。
岩手大槌町吉里吉里では「チーム芳賀」(NPO吉里吉里国)が専業化しております。研修生も5人ほど擁しており、10人体制になりつつあります。
栗駒・大崎でも間もなく「チーム瀧川」が立ち上がる予定です。南会津でも「チーム芳賀沼」が4月から立ち上がります。豊岡でも「チームワーカーズ」が4月より立ち上がります。
皆本格的な自伐林業家になる覚悟ができています。

湧き上がる自伐林業!ですね。
[PR]
←menu