<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0002820_22435157.jpg
本日、農文協の季刊地域が届きました。
今回は「薪」特集なのですね。
関わりの深い人々や地域が登場しておりました。

遠野エコネットの伊勢崎君や千葉さん。東北被災前からの付き合いで、被災地支援の元になってくれた方々です。「薪の駅」動いているようですね。馬搬の岩間君も時々吉里吉里に搬出に来てくれているようです。

鮫川村さぎりの湯は、最初はあるコンサル会社の指導でチップボイラーを導入使用していたのですが、「薪ボイラーにした方が今後のため」という私の助言を聞き入れてくれて薪ボイラー導入に至りました。さぎり荘の「薪女」も健在なようで何よりです。

道志村も鮫川村同様、コンサルの指導でチップボイラーが計画されていたのを、私がひっくり返したところです。5台の薪ボイラーが着実に動き、地域システムも徐々に形になってきているようで安心しました。

土佐の森の薪利用システムも紹介されています。前理事長の松本さんの精悍な写真が印象的です。薪ボイラーのガシファイアーも紹介されています。どんどん広がってほしいですね。

土佐の森はかつて、ガス化発電、原木からのペレット製造と、やってはならないことをやってしまい、その経験及び反省から薪利用に至っています。まだまだ全国では、この間違った原木からのペレット製造などが横行しています。原木からのペレット製造では山への還元と、最終利用者への還元ができないばかりか、その両方に負担を強いります。この情報は既に全国に出ていますが、それを検索せずに安易に導入してしまっています。少し過激な表現ですが木質バイオマス利用が正常化してほしいのであえて言いますが、これは木質バイオマス利用における邪道です。双方に負担を強いるのをわかっていながら導入させようとする企業がおりますが、これは自らの利益のみを追求する外道です。邪道にならないよう指導し、外道を排除することが重要ですが、なかなか進みませんでしたが、こういうマスコミの報道でちょっとでも是正されればいいですね。

さらに、薪ボイラー導入がどれだけ地域に貢献するか、そのモデル事例をつくるべく奔走しております。阿智村などがそのモデルになるかもしれません。
季刊地域では薪購入価格が0~14円/kgと紹介されていましたが、薪ボイラーシステムでは11円/kgあたりが妥当ではないかと考えています。薪ボイラー利用者はこれで、燃料代が化石燃料使用時の半分~1/3になります。薪投入は人手になりますが、温泉施設などでは既存人員でまかなえることがほとんどです。年間1300万円の灯油代がかかっていた温泉が、薪ボイラー導入で400万円程度に削減できている事例も出てきました。また薪生産者は11000円/トンの収入になります。杉の建築用材出荷に近い収入になります。加工費がいらないため、こういう素晴らしい現実が待っているのです。ペレットやチップは加工に費用がかさむため、加工業者だけの仕組みになります。こういう収入が得られるようになれば自伐林業もどんどんなり手が出てくるということですね。
e0002820_22445696.jpg

[PR]
先週末、長野県の阿智村に行ってきました。
阿智村では随分前から、地域コーディネーターの大藪くんが奮闘してきておりましたので、もう既にかなりの地ならしがされている感がありました。
地域の推進グループもきちんとあり、その中から今年おこなわれて議会選挙でも何人も当選者をだし、阿智村村長も完全に支援してくれており、今回も村長とかなりゆっくり話ができました。また県の出先林業事務所も協力的で、県環境部も支援すると表明してくれました。
何よりびっくりしたのは、村長と対話中も今回の会議で森林組合がどういう反応を示すか、注視しておりましたが、何と「今の林業施策は間違っている、地域が自ら林業することは本来の姿だ、今後森林組合は支援する」と表明してくれました。皆驚きましたが、この組合長1年前、私が話するのを聞いていてくれたようで、じわじわ考えが変わってきてたようで、今回2回目を聞き、こういう考えを表明してくれた次第ということでした。いや~やはり種は植えておかなければいけませんね。ちょっと感動しました。
またこの地域は昼神温泉があり、大手環境企業が薪ボイラー導入支援をしてくれる可能性もあり、一気に動き出す可能性大です。面白くなりそうです。

軽架線研修も実施してきました。
e0002820_22403093.jpg
研修場所は標高が高く950m。遠く、南アルプスの赤石連峰が見えています。
e0002820_22421740.jpg

[PR]
e0002820_23163147.jpg
テスト試行段階ですが、気仙沼に続き、栗駒地域でも林地残材の収集が始まりました。宮城県北地域、一気に加速しそうですね。
e0002820_23184915.jpg
モリ券も発行されています。主に南三陸町の復興商店街で利用できます。
また自伐林業チーム確立に向けた準備も始まりましたぞね。
e0002820_23194878.jpg

[PR]
e0002820_15592144.jpg
12月は全国からたくさんの方々が視察に来られました。十津川村及び長野林研の大視察団、上越のNPO、シビックフォース、それから林野庁幹部の方々も来られました。

来られた林政課長とは「森林経営モデルの構築」を進めていこうということで意見が合いました。集落営林型モデル、大規模山林分散型モデルの構築ですね。素材生産業者や森林組合は、作業請負一辺倒で突き進んできました。森林組合までも素材生産業の企業経営ばかりに走り、森林経営を放棄しました。林業は木材搬出屋だけになったということです。この木材搬出屋モデルが日吉町森林組合ですね。この作業請負屋さんたちは一時的な作業(伐って出すこと)しかしませんから森林経営はやりませんし、おこなえません。森林経営をおこなえるのは永続的な森林管理と、その山から持続的に収入を得る自伐林業家ができることですね。この本質に早く皆さん気付かなくてはいけません。森林経営できない団体が今、森林経営計画を立てようとしているわけですから、無理があります。ごまかしや嘘、詐欺的行為が発生するのは、ここが原因だからですね。早く林野庁に「森林経営モデルをつくる」と宣言してもらいたいですね。森林組合も本当に森林経営計画を立てたいのであれば、作業請負業をやめ、転換し、自伐林業方式を導入すべきですね。
e0002820_1651569.jpg

[PR]
バイオマスエネルギー利用のための本格的な林地残材収集システムがスタートしました。皆さん乞うご期待です。
菅原気仙沼市長、高橋気仙沼エネルギー開発㈱代表、及び私も参加させてもらいました。
e0002820_12333789.jpg
出荷者が続々と!
e0002820_1234636.jpg
行列ができ、なかなか計量までたどり着きません。
e0002820_12345846.jpg
出荷者も多様です。4トントラック、軽トラ、何とトラクターも現れました。
e0002820_12352617.jpg
さらに乗用車も現れました。
恐るべし!C材で晩酌を!ですね。
e0002820_1235558.jpg
気仙沼の特徴は、材出荷した、その場で地域通貨「RENERIA」が手渡されるところです。
思わず笑みが出る出荷者!ですね。
この地域通貨なんと気仙沼市商店180店舗で利用可能です。素晴らしい!
e0002820_12362294.jpg
出荷登録者:34人、初日の出荷述べ台数:39台、集荷量:37トン
という結果でした。初日にして満足いく結果ではないでしょうか。準備した事務局の皆さん、本当にご苦労様でした。大いに威張りましょう。
e0002820_12365852.jpg
事務局及び協力してくれた役場や地元の方々です。
しかし皆さん、勝負はこれからです。年間1万トン収集に向けて雄々しくスタートです。

合わせて、軽架線による研修も2日間おこないました。
e0002820_154725100.jpg

[PR]
←menu