<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近、全国の自伐林家や集落の共有林や財産区を管理する方々から急に連絡が相次ぎました。
その内容は森林組合からの圧力に対する反発の連絡でした。
森林組合からの圧力というのは、森林経営計画を立てるための「提案型集約施業」なのです。
この提案を受け取った個人や団体は、かなりの確率で圧力と受け取っています。

九州の約30ha所有する自伐林家からは、切羽詰まった声で「森林組合に山を取られる」と訴えてきました。どうしたのだと言うと「森林組合と地元有力者(議員)がやって来て、今後個人は100ha以上ないと経営計画たてられない、30ha所有の君では林業やるのは無理だ、今後はあきらめて森林組合に山を提供しなさい。君が判を押さないと地域が困る」という言い方で迫ってきたとのこと。彼は地道に長年自伐林業で収入を得てきた人、その彼が森林・林業再生プランの森林経営計画で窮地に陥っている。彼は悔しさのあまり震える声で「どうして森林組合に山を強奪されないといけないのか、中嶋さん何とかしてくれ!」と震える声で訴えられたのです。私も声が詰まり「その怒りを国に対して声を上げてくれ、そうしないと国はわからない。私は立場で何とかするから」としか言えませんでした。

また、山口県の共有林を管理してる幹部の方からは怒りに満ち声で「森林組合は詐欺をしている、この国の林野行政はどうなっているのだ」ものすごい剣幕で連絡が来ました。さらに「中嶋君、自伐林業を推進しているのなら今こそ勝負をかけよ、現場の我々は山を収奪されかけている」と怒りに満ちた連絡でした。
秋田県の財産区を管理している方からも、林業研修時に同じ相談を受けました。全国でこのような強引な収奪が森林組合により引き起こされているようです。まことに困ったものです。林業盛んなある県の県庁職員の方からは「提案型集約施業の研修で、そうしろという説明がなされている」との見解を聞きました。要するに林野庁あげてこういうことを推進していると言えます。まったくふざけています。

それと何と、徳島県の有名な自伐林業家である橋本さんからも、打ち明けられました。橋本さんは家族で山林を100ha以上所有していますが、橋本さん個人になると100ha以下です。当初徳島県からは家族で100ha所有しておれば、森林経営計画は属人でたてられるから心配するなと言われていたようですが、ここへ来て地元の森林組合が「家族で持っていてもだめだ、個人で100ha持っていないと、経営計画は立てられない。故に橋本さんは無理なのだ。故に森林組合に山を差し出せ」と言われたとのこと。橋本さんは怒りに震え「息子の所有にするから、それまでは立てない」と反論したそうだ。橋本さんの山まで収奪しようという魂胆か。

これどういうことかというと、ある一定以上山林(30ha以上ぐらい)を所有する自伐林家や共有林、財産区等が完全に森林組合のターゲットになっているということだ。集約しやすいところから奪うというやり方のようだ。提案型集約施業は完全に自伐林家潰しに使われているということだ。まったくの森林経営計画の悪用と言える。「収奪型集約施業」である。悪用されるということは、森林・林業再生プラン及び森林経営計画が、まったくの欠陥施策ということを証明したと言える。それも施行が始まった直後からである。放置していると大変な事態を招きます。早く修正しないととんでもない結果を招くと言えます。

林野庁はこの事実に対してどう対処するのか、この記事を見ている林野庁職員には反応をお願いしたい。
そして同調してくれる方はシェアしてほしい。いま日本林業はとんでもない方向に進んでいると言えます。
常識ある皆さんに反応していただきたいと切に願っています。
[PR]
河北新報の11月25日の社説です。
ほぼ私の主張している内容を取り上げてくれています。
宮城県では栗駒地域、気仙沼市にて土佐の森方式、自伐林業方式が順調に導入されてきています。さらに広がりを見せようとしていますので、その影響だと思います。
岩手日報でも、最近吉里吉里の取り組みが社説になりました。地方新聞が徐々にわかってきてくれている感じですね。ありがたいことです。
e0002820_18221574.png

[PR]
e0002820_8254649.jpg
北広島で発行されている地域通貨です。
高原の自然館の白川さんたちが中心に自伐林業が推進され始めています。既に10月から林地残材の収集運搬システムが稼働しています。
写真はそのシステムで配布されている地域通貨「せどやま券」です。今回の講師謝金をこの「せどやま券」でいただきました。さっそく晩酌代に使わせていただきました。まだ2石残っています。
芸北は南会津と同じように針葉樹型と広葉樹型自伐林家の両立を目指すようなかたちになりそうです。
今回は島根県の大田市の役場職員と地域代表や、隣町の安芸太田町の副町長や地域代表の方も来られ、隣り合う地域で順次稼働していきそうです。素晴らしい訪問になりました。
ガンバレ!広島根、ですね。広島県で北広島町、安芸太田町と一気に2町で始まりました。島根県は8市町村で始まっています。広島根は土佐の森方式のメッカという感じですね。

白川さんは植物の専門家で、ホテルに置いてあった本の執筆者です。植物学者も林業に踏み込んでくるようになりました。自伐林業家こそ、里山の環境保全家ですね。この自伐林業家と植物学者が交流するのは当然の成り行きですね。
また講師謝金は環境直接支払い、という大義名分です。白川さんらしい配慮ですね。
e0002820_8313447.jpg
北広島での勉強会の模様です。
北広島の後は東京です。JSTの報告会への参加と、徳島県の町村会の勉強会で話させてもらうためです。JSTの「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」領域でも、土佐の森方式、自伐林業方式はかなり評価されるようになりました。東京都の元幹部の方も導入することを約束してくれました。土佐の森方式はこの領域の大きな成果の一つですね。

徳島の町村会の勉強会は佐那河内村の原村長が段取ってくれました。他に上勝町の笠松町長、勝浦町の中田町長、神山町の後藤町長、石井町の河野町長が参加してくれました。橋本さんのいる徳島でも、やっと土佐の森方式、自伐林業方式導入に向けた動きになりそうです。
[PR]
宮城栗駒地域(南三陸町を中心に、登米市、栗原市、大崎市)で実施している副業型自伐林家養成塾(キコリ講座)に参加している藤中さん(メディア関係で仕事している女性)が、その内容を動画(YouTube)にまとめてくれました。
以下で公開していますので、皆さん是非見てください。わかりやすく編集してくれています。
KIKORI
http://youtu.be/cm5jV39bnVg
e0002820_7521495.jpg

[PR]
現国会にて石田三示衆議院議員が自伐林業について質問し、国が自伐林業支援を表明したようです。委員会質問ですが、大きな一歩になるかもしれませんね。
以下のサイトで中継が見られます。「石田三示」をダウンロードしてください。

e0002820_12442789.jpg

[PR]
日本政策金融公庫の機関誌にちょっと書かせてもらいました。
1次産業系の雑誌のようです。どれくらいで回っているものかよくわかりませんが、見かけましたら読んでみてください。
この雑誌では年に1・2度林業特集を組んでいるようですが、これまでは高性能林業機械を大前提にした大規模集約化の他者依存型(委託・請負型)林業を展開すべしという森林・林業再生プランにのったものです。自伐林業など一言も出てきません。
その雑誌でも、こうして書けるようになりました。明らかに変化が起こってきています。さらにこの流れを拡大させたいですね。自伐林業を推進し始めたみなさん、よろしくお願いいたします。
e0002820_011616.jpg

[PR]
自伐林家養成塾も全国に広がっています。連続講座方式で本格的に自伐林業家を養成するためです。以下順次紹介します。

①ます本場高知です。
e0002820_7483320.jpg

②大分県竹田市(西から順番に)
e0002820_828351.jpg


③島根県です。
e0002820_8284470.jpg

④兵庫県豊岡です。
e0002820_8292069.jpg

⑤和歌山県北山村です。
e0002820_8321343.jpg

⑥栗駒地域(南三陸町、登米市、大崎市、栗原市)です。「キコリ塾」
e0002820_8332398.jpg

⑦宮城県気仙沼です。「気仙沼森のアカデミー」
e0002820_8342885.jpg

⑧岩手県大槌町です。「吉里吉里林業大学校」
e0002820_8351689.jpg

⑨秋田県由利本荘です。
e0002820_8363244.jpg


まだまだ今後増えていくでしょう。現在、軽めですが山梨県道志村、京都府京丹後市、富山県南砺市、福島県南会津町でも行いました。今後これらの地域も連続研修に発展するでしょう。
これが自伐林業推進の基礎になっていきますね。素晴らしいことです。
[PR]
自伐林業推進のための「林地残材の収集運搬システム」を稼働させ始めた地域(自治体別)を紹介します。

①高知県仁淀川町、②高知県日高村、③高知県土佐町、④高知県本山町、⑤高知県大川村、⑥島根県津和野町、⑦島根県吉賀町、⑧島根県邑南町、⑨島根県雲南市、⑩島根県奥出雲町、⑪熊本県阿蘇市、⑫愛媛県内子町、⑬鳥取県智頭町、⑭広島県北広島町、⑮京都府京丹後市、⑯岐阜県恵那市、⑰岐阜県大垣市、⑱愛知県豊田市、⑲山梨県道志村、⑳茨城県常陸大宮市、㉑福島県鮫川村、㉒福島県南会津町、㉓宮城県気仙沼市、㉔宮城県南三陸町、㉕宮城県栗原市、㉖宮城県大崎市、㉗宮城県登米市、㉘岩手県紫波町、㉙島根県浜田市、㉚兵庫県篠山市、㉛長野県阿智村、㉜千葉県山武市、です。

民間主導型、自治体主導型それぞれで、レベルも様々ですが、とにかく動き始めたことが重要です。(写真は11月からスタートした京丹後市です)
e0002820_731939.jpg

次に、地域収集システムはまだ稼働できてませんが、自伐林業推進を開始した地域です。(上記以外の地域)
㉝大分県竹田市、㉞大分県日田市、㉟高知県四万十市、㊱岡山県美作市、㊲兵庫県丹波市、㊳兵庫県豊岡市、㊴和歌山県北山村、㊵滋賀県長浜市、㊶岩手県大槌町、㊷秋田県由利本荘市、㊸岩手県遠野市、㊹奈良県十津川村、㊺長崎県対馬市、㊻富山県南砺市

なんと46の地域に達しています。さらに検討中の数十の地域が追っかけています。素晴らしいことですね。今後はこのネットワークを構築しないといけないですね。(写真は宮城での研修風景)
e0002820_740176.jpg

[PR]
←menu