<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

高知県東部の山です。皆伐して再造林してない放置型の「ハゲ山」が目立ちます。そのハゲ山の谷部が軒並み沢抜け状態になっています。またでかい作業道と思われる横線が山に入っています。飛行機から見えるのでかなり大きな作業道です。この作業道を基点にして縦に茶色い線がいくつも入っています。作業道を基点にした崩壊がたくさん発生しています。これで奈半利川は数年濁水状態間違いなしですね。
e0002820_17192073.jpg

こちらは紀伊半島です。高知東部と同じ現象です。これで熊野川等が数年濁水状態ですね。
e0002820_17252526.jpg
e0002820_17253985.jpg
紀伊半島では深層崩壊が話題になっていましたが、ほとんどの崩壊や沢抜けは、こういうものが多きと思います。荒い林業施業が原因です。人為的原因によるものです。森林・林業再生プラン等により大規模施業が多くなり、こういう結果を招いています。これは大問題です。が、あまり表に出ることはありません。もっと本当のことを出さないとダメですね。以下の写真は紀伊半島の大規模な表層崩壊ですね。一番高いところに皆伐のハゲ山があったような感じです。そのハゲ山で発生した崩壊が一気に下の山も押し流したような気がします。
e0002820_1731375.jpg
紀伊半島ではこのような、再造林放棄の皆伐によるハゲ山があちこちで見受けられます。今回のような災害につながる原因があちこちにあるということです。今回の災害は起きるべくして起きたとも言えるのではないでしょうか。
e0002820_1733285.jpg

これは九州の大規模皆伐による、大規模ハゲ山です。
e0002820_17314359.jpg


以下のところは、高知で多く見られるようになってきた、荒い間伐です。7割ぐらい間伐しているのではないでしょうか。ヒノキ林は間伐しすぎで枯れ始めています。最悪ですね。その下の写真は、林縁部だけ木を残しているような感じです。ほとんど皆伐といえるような状態です。京都のテレビで放送していた間伐の様子も木を伐りすぎてスカスカ状態でしたが、やってる業者は何食わぬ顔で、これが当たり前という感じでした。何ともいやな雰囲気を感じます。
e0002820_173899.jpg
e0002820_17382149.jpg
大規模化を推し進めてきた林業界の結果が、大雨とともに実体を見せ始め、人の目につくところでも現れ始めました。早く軌道修正しなければ大事になりそうな気がするのは私だけでしょうか。
早く、森づくりを担保できる自伐林業方式を広めないといけないですね。
[PR]
北山村に続き、豊後竹田市でも雇用創造のための研修として、軽架線研修が始まりました。土日は足先がチンチンするほど寒かったのですが、皆さん頑張ってくれました。
e0002820_222737100.jpg
e0002820_22274448.jpg
e0002820_22281025.jpg
e0002820_22281661.jpg
来年度は林地残材の収集運搬システムを創る研修を実施することも話し合ってきました。どんどん進んでほしいですね。

熊本県の旧清和村の小水力発電の調査も実施してきました。旧清和村の兼瀬さんが対応してくれました。
e0002820_22443037.jpg

[PR]
デカデカと出ていましたの、見落としていました。
今月14日の毎日新聞朝刊です。
e0002820_11214495.jpg

[PR]
と~い!和歌山県の北山村でも土佐の森方式導入が始まりました。
対応している方々は「筏師」達です。夏、筏下りはかなりの観光になっています。この筏師の冬の副業として自伐林業をを導入しようということです。一度軽架線搬出を見に来られましたが、それで既にマスターしていましたね。なかなかのセンスです。というよりは、やはり「軽架線搬出」は簡単で、誰にでも対応できることを証明していますね。
e0002820_11131045.jpg
e0002820_11132980.jpg

この温泉に薪ボイラーが4台導入されていますが、この燃料供給も兼ねています。
e0002820_11173210.jpg
e0002820_11175195.jpg
来月は作業道づくり研修も実施しますよ。
[PR]
土佐の森・救援隊がおこなっている
東北復興支援がNHKにて17日に全国放映されます。
是非皆さんご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/ashita/support/meeting/20111217_kirikiri/
みんなで“働く場”を作ろう
~岩手・大槌町 吉里吉里地区~

放送日:【Eテレ】 2011年12月17日(土)午後4時00分~4時59分
e0002820_21123772.jpg

[PR]


12月の吉里吉里国林業大学校は「木の成分利用」です。特に精油です。講師は東京大学名誉教授の谷田貝先生です。終了後は深澤さんとともに、大沢温泉で今年の疲れを落としました。後ろに見えている露天風呂が有名ですね。昨晩から雪になりました。吉里吉里国では精油&ウッドウォーター抽出も始まりそうです。
うかつにも研修中の写真を撮り忘れましたので、終了後に骨を休めた大沢温泉の写真です。
e0002820_13352341.jpg
e0002820_13381339.jpg
e0002820_13382547.jpg
岩手に先立ち、農文協でも研修会を開きました。
[PR]
昨日(2011/12/05)の高知新聞トップ面にこの記事が載りました。第1面は初めてではないでしょうか。

e0002820_63723.jpg

[PR]
これは、Uチューブに流れていた映像です。京都の取り組みを評価する内容で紹介されていますが、特に後半の間伐している山を見て、皆さんはどう感じますでしょうか。
完全に伐りすぎですね。これは日吉町森林組合の影響ですね。無茶苦茶ですね。こんな林業をやっていては、持続的な林業とは全く言えませんね。これが「森林・林業再生プラン」の実態ですね。早く辞めなければどうしようもありませんね。梶山氏、文句あるならいつでも対応しますよ。相川氏も同じですよ。紀伊半島や徳島の那賀川上流の状況をよく把握すべきですね。



[PR]
本日、今何かと話題の、大王製紙本社をはじめて訪れました。林材部や関係のチップ業者の方々に座学研修をおこないました。今後どういう収集システムを創っていくかの対話もしました。製紙業界が本気になってくれつつあります。いいですね。
可児工場の課長さんも来られていました。恵那の材はここへ搬入されているようです。岐阜システムの構築も約してきました。
e0002820_6211064.jpg

[PR]
←menu