<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今月も吉里吉里国にて順調に林業大学校が開催されました。
今月は自伐林業のための作業道づくりです。この作業道づくりをマスターすると一気に自伐林業が近づいてきます。とても重要な研修会です。故に参加者皆真剣に取り組んでくれました。講師は四国NO1の自伐林家、橋本さん親子です。
今回は地元吉里吉里国以外にも、同じ岩手の北上市、秋田県、福島県川内村、東京、京都、岡山美作、大阪と全国から参加者が押し寄せました。
e0002820_11572227.jpg
公道に隣接した林地ですが、雑草が生え入りづらかった林地へ「作業道づくり」開始です。
e0002820_11585729.jpg
最初は取っつきづらい、ユンボー作業、高知からスタッフ参加の林業女子がまず手本です。
e0002820_1202395.jpg
途中から皆さん真剣です。橋本さんの話に食い入っていますね。
e0002820_1212722.jpg
皆交代で作業道づくり実際がどういうものか体験し、「やれるんだ」という自信を深めていましたね。
e0002820_1232398.jpg
e0002820_1232992.jpg
4日間で出来上がった作業道です。立派な道ができています。道が入れば山の雰囲気が変わりますね。今回研修を通じて40mぐらいができましたが、宿題としてこの山にあと50m皆さんで付けてもらうことにしました。その道を振り返りながら第2回目の作業道研修をおこなう予定です。これで何人かは自信持てるところまで行くのではないでしょうか。
e0002820_12761.jpg
皆さんお疲れさまでした。
e0002820_127526.jpg
夜はこうして盛り上がります。
e0002820_1282683.jpg
おまけです。線量計です。岩手の大槌町吉里吉里地区の放射線量です。やはり若干は飛んで来ていますね。林地も計りましたがほぼ同じ線量でした。しかし問題ない値でした。
福島川内村の井出さんが視察に来られましたが、ついでに持ってきてもらいました。
[PR]
「道の駅」の機関誌「ルートプレス」の今月号に、岩手の復興支援の取り組みが特集されています。道の駅に立ち寄ることがありました、立ち読みしてみてください。
結構詳しく取材してくれています。
e0002820_22553120.jpg

高知県の嶺北では、まさしく「道の駅」に「木の駅」を併設して、木の直販所形式の取り組み「さめうら水源の森木の駅プロジェクト」がスタートしました。「早明浦ダム」「道の駅さめうら」と国交省の範疇で森のプロジェクトが始まろうとしています。面白いことになりそうです。
e0002820_22584366.jpg

[PR]
e0002820_21331224.jpg
久しぶりの自宅、本日まで矢田貝先生の講義を聴くことができた。かなり有名な先生だがあまりその手法は広がっていない。何故かと考えたが答えはすぐにわかった。彼の唱えている木の多目的な利用は、集約林業に合っていないということだ。集約林業は建築用材収穫一辺倒の林業からは漏れてしまうのだ。彼の言っていることは自伐林業でこそ可能になるやり方と言える。特に精油はかなり面白いものだ。自伐林業を復活させれば、以外とすぐに普及するかもしれない。これはすぐに取りかかろう。意外に身近で実におもしろ内容だ。吉里吉里でもすぐにできるだろう。

それと、環境省の方、またある通販会社の方々と交流できた。これも実に面白いことに発展するかもしれないぞ!楽しみにしていきたい。
e0002820_21413795.jpg

[PR]
昨日、陸前高田のマツがセシウムにおかされ、京都の送り火に使えなくなったとの記事が駆けめぐりました。陸前高田という岩手県にどうして放射能が大量に検出されたのでしょう。山のてっぺんならまだしも、マツは津波被災地の平地に打ち上げられていたものです。これにセシウムが付着して使い物にならないということは、福島北部から宮城県、岩手南部の農地や林地が使えなくなる恐れがあるのではないでしょうか、これは考えすぎでしょうか。やはりあの飯舘村をどん底に追いやった爆発は、水素爆発ではなく、原子爆発だったということではないでしょうか。以下の動画を見ると「キノコ雲」が上がっています。これは間違いなく小型原子爆弾が爆発したようにしか見えないですね。


[PR]
吉里吉里出身の芳賀太一氏(吉里吉里国林業大学校研修生でもある)が、自主制作のCMを創ってくれています。参照ください。


[PR]
e0002820_23103670.jpg
Facebook内に「応援買いプロジェクト」というコーナーが​あります。
http://www.facebook.com/ouenga​i
ここに岩手吉里吉里の「復活の薪」を投稿しました。皆さん、薪が​必要な場合は是非吉里吉里国に注文あれ!(吉里吉里国のHPはこちら
買うことで被災地支援しよう!です。買っていただくとどんどん、​復興事業が進展します。皆さんよろしくお願いしま~す。
e0002820_23101121.jpg

[PR]
e0002820_6303132.jpg
福島第1原発から21km地点にある川内村の小松屋旅館の井出さんを訪ねました。川内村は全村避難しておりますが20~30kmの方々は結構地元に戻られています。今後の村再生について意見交換させていただき、土佐の森方式による、また吉里吉里のような展開の仕方ができないか打ち合わせしてきました。
e0002820_6344624.jpg
井出さんと一杯やってるときの線量です。川内村は幸いにも、線量は低いのです。
e0002820_6365254.jpg
しかし、田畑は耕作されずに放置され、雑草だらけになっております。農村の風景ではないですね。しかし井出さんは前向きで、村再生に向けて動こうとしています。今度の第3回吉里吉里国林業大学校に来られ、川内展開を検討することになりました。
e0002820_6394136.jpg
井出さんところを後にすると、こちらに寄ってみました。獏原人村は約25kmのところにありますが、ここも既に避難から戻り生活されています。
e0002820_6412163.jpg
ここは震災前とまったく変わらない生活をしているようです。井出さんはここから卵を購入されています。
e0002820_6421769.jpg
まったく不思議な独立国家ですな。
e0002820_6424439.jpg
最後に鮫川村の温泉施設「さぎり荘」の薪ボイラーを見学しました。素晴らしい!
e0002820_6435445.jpg
いの町もこうなってほしいものです。
[PR]
今回の林業大学校は、これまで2回の復習という位置付けでおこないました。
今回からの新たな参加者も数名加わり、どんどん広がっております。今後のシステムづくりについても打ち合わせしてきました。
今回はほとんど一人でこなしましたので、いやー結構疲れました。
e0002820_621474.jpg
e0002820_6211198.jpg
e0002820_623067.jpg
林業女子も誕生?
e0002820_6225463.jpg

e0002820_6232158.jpg
大径木の伐倒研修もおこないました。この地域チェーンソーの音が鳴ることが当たり前になってきたようです。
e0002820_625679.jpg
深澤さんのピザ交流会も開いてくれました。
e0002820_895844.jpg
おまけです。
[PR]
この取り組み結構知られてきましたので、概要をまとめておきます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
e0002820_8335970.jpg

e0002820_8421347.jpg

e0002820_843125.jpg

[PR]
国土緑化推進機構がHPにて、岩手吉里吉里での取り組み支援を紹​介してくれています。
e0002820_6582036.jpg

[PR]
←menu