<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

e0002820_21241560.jpg
JSTの研究開発プログラム「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」事業のキックオフミーティングをおこないました。森林総研を中心として、土佐の森も協働実施します。タイトルは「Bスタイル:地域資源で循環型生活をする定住社会づくり」です。我々は中山間地域の百業づくりです。まずは林業・バイオマスで20ぐらいの副業を開発できればと考えています。
e0002820_21302078.jpg
まだまだ皆、温度差はあるのですが、とりあえずスタートです。渋澤さん、家中さん、横路さんが集ってくれました。土佐の森が担当する百業づくりでは「百業づくり全国ネットワーク(仮称)」の立ち上げをまず決定しました。会長に結城登美雄さん、副会長に渋澤寿一さん、事務局に鳥取大:家中さん、矢森協:丹羽さん、グリーンフォレスト:横路さん、農文教:甲斐さん、山村センター:大野君、森林総研:垂水さん、と私。メンバー地区に土佐の森方式導入地域等を仮決定したことを報告しました。立ち上げ総会は来年の2月12日の予定です。なかなか忙しくなりそうです。
e0002820_21375942.jpg
懇親会の料理です。地元料理をいただきました。いやーこれも美味しい料理でした。先般の「エコ皿鉢」もそうですが、こういう形が一般化されてきていますね。
e0002820_21404766.jpg

[PR]
e0002820_645386.jpg天気が悪かったのですが、久しぶりに阿蘇に行ってきました。今年の事業の委員にもなっていただいている、九州バイオマスフォーラムの中坊さんのお手伝いです。なかなかタイトなスケジュールを組んでいただき、空港や博多では行きも帰りも、ダッシュしました。こちらの山は平地や丘です。自伐林業はとてもやりやすい立地です。公道もたくさん入っています。可能性十分ですね。しかしこれは集約林業もやりやすいと言うことですので、これに奪われないようにしないといけないですね。
e0002820_6481035.jpg薪利用の取り組みでは、先行しておりましてかなりの量の薪生産をおこなっていました。しかし薪ボイラーはこれからとのことで、全体の仕組みとしてはこれからです。自伐林家活用もこれからですが、土佐の森方式導入九州第1号になってくれることは間違いなさそうです。
e0002820_6505817.jpgこのキャスター付きパレット配送はこちらも真似させていただきたいと思っています。
e0002820_6514490.jpg一緒に酒を飲んでいる方は熊本大学の徳野教授ですが、講演をちらっと聞きましたが、いやー激しい方でした。しかし正論です。今後連携できればいいですね。こちらでは「気になる紙」という取り組みがあるのですが、東京の森の町内会がやっている取り組みと同じような感じですが、こちらは規模が違います。もう一度検討し直す必要があるかもしれません。


翌日は広島県庄原市の方々が視察に来てくれました。バイオマスの取り組みに着手されているだけあって熱心でした。土佐の森方式も是非導入したいと帰って行きました。ほんとにどんどん広がってきています。先週は福島県川内村へ行ってきましたが、こちらはまた報告します。
[PR]
e0002820_6595436.jpg
これは何だかわかりますか?岩手県の花巻空港玄関先に置かれた「花薪」です。
デザイン・監修は先月土佐の森へ視察に来られた、岩手県の薪専門家の深澤光さんです。なかなかおもしろいですね。土佐の森も真似したいですな。
[PR]
e0002820_21341693.jpg
10月は一番予算執行がしやすいのか、イベントが重なりますね。今週は先週に続き、西日本高速道路の協働の森交流会です。何と130名を超える参加者です。
e0002820_21373158.jpg朝早くから、キノコが見つめる中準備作業です。薪割り体験の準備をしているところです。
e0002820_21381538.jpg開会式では松本理事長が、清酒「間伐道」を前にして挨拶をしております。
e0002820_21394113.jpgこの日はやたらと、タンコロ火鉢がアピールされていました。
e0002820_2142211.jpg昼食は先週と同じ「エコ皿鉢」です。この日も大好評でした。この皿鉢商品価値が相当ありそうですね。
e0002820_21434223.jpg午後からはNEXCOメンバーによる本格的な間伐作業です。18人の方々が挑戦してくれました。県によると協働の森事業全体でも、このような本格的な作業をやるのは、このNEXCOの協働の森事業だけだと紹介されていました。
e0002820_21461369.jpg初めてとは思えない伐り口ですね。
[PR]
e0002820_2156582.jpg
今年で早5年目になっている三井協働の森の交流会が行われました。三井関係の方々の参加は60名ほどの大勢の参加でした。昨日できたばかりの作業道を使っての交流会です。
e0002820_21585850.jpg間伐前の伐倒研修中ですな。確か政策投資銀行の女性ですがなかなか元気な方でした。
e0002820_2202723.jpgこちらは軽架線による木寄せ作業中です。
e0002820_221577.jpg作業道沿いを3箇所に分かれてそれぞれの作業を体験中です。一番下では林内作業車による搬出活動です。これも作業道ができたためにできることですね。
e0002820_2234726.jpg昼食は岩間隊員考案の「エコさわち」です。地元本川の食材で全て作られています。なかなか美味しくて大変好評でした。
e0002820_2251980.jpg

e0002820_2255444.jpg午後からは、この4年半の協働の森活動の報告会を行いました。この事業とともに土佐の森は発展してきたとも言えます。作業後、昼食後というきびしい中での座学でしたが、質問も多く出されみなさん熱心に聞いていただきました。終了後、温泉、懇親会と忙しく1日が過ぎました。
e0002820_229187.jpg

[PR]
e0002820_18532616.jpg
今年の自伐林家養成塾生はなかなか熱心です。今日も建築用材の販売に関する知識習得に余念がないようです。一気に林業知識が浸透しています。
e0002820_1856853.jpg座学が終われば、薪づくりです。薪からもいろんなことが学べますね。
e0002820_18571285.jpgこちらは、その前段でしょうか。
e0002820_1902726.jpge0002820_1904316.jpg
e0002820_1905599.jpge0002820_191690.jpg
用途に合わせた数種の薪を準備しているようです。個人の薪ストーブ向け、温浴施設の薪ボイラー用、陶芸釜用等、徐々に薪利用も進み始めました。確たる歩みにしていきたいですね。
[PR]
e0002820_23365847.jpg
今月の副業型自伐林家養成塾は「作業道づくり」の研修です。講師は徳島の自伐林家、橋本さん親子です。施業の仕方、森づくり全てに於いて四国ナンバーワンではないかと思います。四国でトップということは全国でも相当優れていると思われます。この方をもっと有名にすることが土佐の森のこれからの仕事ではないかと思いますね。集約林業なる訳のわからないムジナがうごめき始めた現在、橋本さんのような方が一縷の望みですね。
e0002820_2338452.jpg現場での「洗い越し工法」の理論です。
e0002820_23393672.jpgこちらは、ヘアピンカーブの造り方です。
e0002820_2340236.jpg午後からは実際の造り方研修です。研修生皆、目からウロコの連続です。
e0002820_23414253.jpg

e0002820_2342422.jpgこちらの方々は、支障木の搬出に余念がないですね。道づくりの後側に材が溜まっています。
e0002820_23432967.jpg

[PR]
e0002820_18512487.jpg
昨日に引き続き、今日は稲木掛けです。足がぬかるみ、稲木づくりも結構こたえました。
e0002820_18531247.jpg
2列こしらえましたが、人数が少なく、竹も足らずまた調達し、ぬかるんだ田んぼを行ったり来たりで、いや~足が疲れました。
稲木が並んだ里山は、なかなか壮観です。
e0002820_1856123.jpg

[PR]
e0002820_18464571.jpg
今年の成山の棚田も、何とか稲刈りまで来ました。

昨日の大雨で1日順延になりました稲刈りをやることができました。高知大の石川ゼミが調査のため来られないため、人数が少なく、参加のみなさんに労がかかりましたが、何とか刈るところまではできました。
e0002820_1850758.jpg
e0002820_18505253.jpg
e0002820_1851387.jpg
e0002820_1851421.jpg天気は回復したのですが、田の中は水浸しで、足が取られたり、穂が泥だらけになるのを防ぐこと等で、いつもの倍の時間と労がかかりました。みなさんお疲れ様でした。稲木掛けは明日の作業です。
e0002820_18542839.jpg

[PR]
e0002820_2394058.jpg
10月1日(金)は環境支払いとしての地域通貨券の再開月です。1日で150㌧もの林地残材が集まりました。恐るべし環境支払いですね。しかし、国レベルではこれとまったく正反対の直接支払いが始まろうとしています。それはさておき。
e0002820_23133944.jpg自伐林家の方々の2トントラックが搬入しているところです。こういう光景の凄さがわかる方が全国にどれだけいるのでしょう。わからないだろうな。
e0002820_2316227.jpg こいつもなかなか凄いのですが、わからないだろうな~。
[PR]
←menu