<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0002820_20124066.jpg
全林協から「林業入門 自家伐出のすすめ」という本が出版されました。要するに「自伐林家のススメ」ですね。
「自伐林家」という言葉を避け「自家伐出」と言い換えています。「自伐」と言うと「自罰」や「自爆」を連想するという方が結構おりますが、これらの方を意識したのでしょうか。
それはともかく、自伐林家になるための技術や販売ノウハウがそこそこ載っているようです。そういえば、農文教の「季刊地域」も「あと3万円の仕事」でしたね。
e0002820_20213457.jpg
土佐の森・救援隊開発の技術等も載せられています。参考にしてみてください。
e0002820_20224547.jpg

[PR]
e0002820_22471410.jpg
これが、4月5日から新たに始まった、木質バイオマスエネルギー利用のための林地残材収集量です。いやー最初の3日間は凄まじいものがありましたね。1ヶ月足らずで400tを超えました。
e0002820_22501993.jpg生データです。今月の搬出者は25名に達しました。登録者は80名を超えました。
e0002820_22583937.jpg最近の日別の生データです。いやー軽トラばかりですね。
e0002820_22592213.jpg余った材は積極的に薪にしております。5/4日には「薪祭り」をおこないます。販売先、流通先をどんどん発掘していきたいですね。
[PR]
e0002820_115244.jpg新緑が始まった道志村へ行ってきました。富士山に向かって細長く続く道志村は、何とものどかで美しい村です。でかい富士山が見え隠れする風景は結構ドキッとします。
e0002820_11543911.jpg細長い地形で幅5km、真ん中を道志川が流れ、さらに細く両側を分断しているため、集約林業が全くできなくて、森林組合もいない林業過疎村にされていましたが、なんのなんのよく見れば「薪林業」がきちんと存在しています。一人を除き副業型薪自伐林家です。
e0002820_11584161.jpgその薪林業を展開している方々にヒアリングさせてもらいました。
e0002820_1201565.jpgこちらは農業の副業としてやられている方です。こういう小規模林業で村おこししていこうという取り組みです。大きなことはいりませんね。こういう小規模に徐々に拡大していけばよいのです。需要先も一気に拡大するのは危険です。まずは公共の温泉施設に薪ボイラーを入れようと、そこから徐々に横浜市等にという感じでしょうか。道志村の方々も来週末は、恵那のスタディツアーに参加予定です。
[PR]
e0002820_18583870.jpg4月はバイオマスプラントの運営をやり始めましたので、バタバタとしておりましたが、山ではいつもの如く、淡々と定例会にて材の搬出作業がおこなわれております。昨年秋より間伐していた、三井協働の森の現場で、いつものように軽架線による搬出活動です。プラント、プラントとやかましかったこの頃でしたので、何かホッとしますね。
e0002820_1921674.jpg上では材の受け取り作業が。
e0002820_1931922.jpgこの現場、土場の後に立木がないため、2台目の林内作業車で最後の土場引き上げをおこなっています。
このようなあたりまえの作業を、あたりまえにこなしていっているというのが、土佐の森の強さですね。
e0002820_19619.jpg春になり、新芽が目立ち味めますと、よけいにこの真っ茶色な皆伐跡地のハゲ山が目立ちますね。
[PR]
e0002820_16542998.jpg
仁淀川町のバイオマスプラント運営も1週間を経過しました。林地残材収集量はすごいペースで推移しております。土日も含め9日間で230tを超えました。今月より新たな搬出者も2名増えました。とうとう搬出登録者は80名を超えました。


e0002820_1753619.jpg
利用の方も、発電、ペレット利用に加え、薪利用(販売)も開始しました。薪ストーブ、薪ボイラーの普及にも努めないといけないですね。

発電やペレット製造はまだまだ課題も多いのですが、何とか持続可能なものに仕上げていかんといかんですね。
[PR]
e0002820_2231349.jpgバイオマスプラントの運営を初めて4日が過ぎました。5日からの3日間で、林地残材が130トンを超えました。4日目の本日も20トンを超えているようです。4日で一月分の稼働に必要な材が集まりました。凄まじい勢いです。
e0002820_22355395.jpg一気に集まりましたが、集積土場管理は混乱をきたすことなくきれいに整理されております。
ペレットづくりや発電は重いシステムですが、何とかこなすと同時に持続可能なシステムへと発展させていかなくてはなりませんね。
[PR]
e0002820_2022920.jpg
とうとう本日より、バイオマスプラントの運営を開始しました。皆気が引き締まっておりますね。

e0002820_20233580.jpgプラント運営の契約も仁淀川町と無事完了しました。
e0002820_20274443.jpg林地残材の受け入れ土場では、開始前より行列ができてしまいました。昼過ぎには噂のMさんも出荷開始されました。午後軽トラにて3回も持ってきてくれました。
e0002820_20301033.jpg本日17時までに16台のトラックが次々と来られ、合計47tもの量が1日で集まりました。17時以降に出荷してくる連絡もあり、50tを超えそうです。「恐るべし自伐林家!」ですね。この調子で集まると、ちょっと身震いしてしまいそうです。
e0002820_20333366.jpg本日入った材をチップ化し、積み込みをおこなうIさんです。
e0002820_2035298.jpg早くも、研磨のため刃の交換をおこなう、SさんとYさん。
e0002820_20363266.jpgチップを原料に、発電とペレット製造もおこなわれ始めました。発電担当はYさんです。「季刊地域」で紹介した方々皆、初日に参集してくれました。何とか順調に稼働し始めてくれることを願いましょう。

[PR]
←menu