<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0002820_2242843.jpg
まちむら交流機構主催の「山村再生セミナー」の報告が山村再生HPに載っています。

京都会場は結構盛況であったことがわかります。参加された方々が熱心であったことが思い出されます。ほんのこの前なのですが、入院がこの間にあり、妙に随分前のように感じます。
[PR]
e0002820_16351889.jpgご無沙汰のブログ更新なのですが。実は6/20に急性胆嚢炎になってしまい、しばらく入院しておったわけです。20~27日までは絶食させられ点滴で治療という悲惨な状況。現在は胆嚢の摘出手術待ちという状況での一時退院です。月曜日まで入院といわれていましたが、ちょうど田植えが土曜日におこなうため、土曜日退院にさせてもらいました。体重が6kgほど落ちてしまいましたので、体力が心配でしたが何とか無事に田植えも終了しました。
今年は一部紙マルチを使ってみました。どういう違いが見られるか楽しみです。
e0002820_16441873.jpgこれは苗取りの状況です。石川ゼミの学生がたくさん来てくれています。
田植えに向けての田起こしや代掻きは、土佐の森・救援隊の田植さんと好永さんが手伝ってくれてここまでこぎ着けることができました。やはり同じ釜の飯を食う仲間は頼りになります。助かりました。
e0002820_17311728.jpg
昼食はいつものようにスローフードランチです。病み上がりでも美味しくいただけました。
e0002820_173210100.jpgにこやかなスローフード高知の皆さんです。
参加の皆さんお疲れ様でした。午後からは雨となりましたが何とか終了しました。
e0002820_17342856.jpg

[PR]
e0002820_20412183.jpg


成山棚田プロジェクトの皆さん

最近、耕耘機が故障してしまい、田起こし代掻きが遅れています。
今週中に直す予定ですが、スケジュールを以下のように若干変更します。

■代掻き&田植えのご案内
6/28日(土) 13:00~ 代掻き&田ならし
          18:00~ 蕎麦打ち&懇親会 七色の里宿泊可能
            謎の蕎麦打ち名人による蕎麦打ち体験があります
            懇親会を同時におこないます。泊まれる方はお泊まりください。
            泊まる方は寝袋持参願います。
            蕎麦打ち&懇親会参加者は2000円程度(宿泊込み)

6/29日(日) 9:00~ 田植え
         12:00~ スローフードランチ(500~1000円程度)
            スローフード高知メンバーによるランチです。

■これに先立ち
6/22日(日) 13:00~ 代掻きをおこないます。


以上参加できる方は返信ください。
ふるって参加ください。よろしくお願いします。

e0002820_2038443.jpg

[PR]
e0002820_18541762.jpg日曜日は雨の中、松本さんに呼ばれ、大原さんちの森を少々間伐しました。山も緩く良い立地の山です。ヒノキも結構大きくなっていました。もう少し伸びがあればさらによいのですが。
e0002820_18565525.jpg大原さんちの森には結構大きな作業道が入っていました。しかし、水処理の思想が入っていないようです。この場所も山側が低くなったコーナーになっています。確実に内側を水が走りますね。立地がいいだけに四万十方式の作業道を見習ってほしかったですね。
[PR]
e0002820_22575513.jpgNHK広島放送局より取材を受けました。簡易架線搬出中です。操作は定年後のセカンドワークの好永さんと地元アルバイトの山中さんです。
e0002820_230551.jpg未来の森の最深部を苦労して搬出しているところです。ここは作業道も付けられず、切り捨てやむなしと思われてたところですが、ワイヤーと滑車でいくつも経由させながら搬出しています。松本さんの意地を感じますね。
e0002820_234737.jpg小さいウインチですがなかなかパワーがあります。
e0002820_2345630.jpg林内作業車での運搬です。間伐から搬出まで一通り全般を撮影されました。
e0002820_2364639.jpg三浦君がインタビューを受けています。
e0002820_2374866.jpg若者のアルバイトの田所君です。今回取材は彼を重要視しているようです。主役の一人です。
[PR]
e0002820_829998.jpg28年前の十代の頃に通っていた銭湯がそのまま残っていました。鞍馬湯です。鞍馬口出雲路橋東入るです。或いは烏丸鞍馬口西入るです。
e0002820_8325911.jpg中をちょっとのぞきましたがそのままの感じでした。下宿していたところを探してみましたが、残念ながらありませんでした。古い屋敷で、たしか土間を抜けた向こうの2階に部屋がありました。鞍馬口通りの町並みはあまり変わっていませんでしたが、よく通っていた「異魔人」という小さなライブハウスはなくなっていました。下鴨の「一杉」という居酒屋もなくなっていました。それと古い建物を拠点にしていた「京響」(京都交響楽団)が新しい鉄筋コンクリートの建物になっていました。細かく見ると結構変わっていますが、路地はほとんど変わっていなかったですね。
e0002820_8365665.jpg北山や鴨川沿いのケヤキ等の街路樹がかなり大きくなっている印象でした。
[PR]
e0002820_22541344.jpg農林水産省の「消費者の部屋」に立ち上がる農山漁村の展示(今週6/9~6/13日)がされているようです。
そのチラシの中央写真に、松本さんと矢野君がデビューしています。大きなスギを林内作業車でにこやかに運んでいる様子が写っています。なかなかインパクトのある写真と思っていましたが、なんとチラシの中心で採用されています。いやいや最近は露出が多いですね。
[PR]
e0002820_1334155.jpg十数年ぶりに京都へ来ることができました。高知へ帰ってきてから初めてだと思います。写真は鴨川ですが、昔とあまり変わっていないように感じます。さすが古都ですね。京都駅だけは見る影もなく変わっていましたが。
e0002820_1340699.jpg当たり前のようにこのような路地が存在します。町屋を利用した店が増えているようでしたが、
e0002820_13414952.jpg三井環境基金で知り合った「古材文化の会」の皆さんによると、「壊される町屋は結構多く、その古材も産廃として廃棄される場合が多い」とのことです。古材文化の会は、この古材を有効活用するためのNPO法人です。
e0002820_1345933.jpg古材の名に違わず素晴らしいところに事務所がありました。(上の写真の門をくぐると、このような通路があり、奥の小さな門の右側にある古い建物(母屋の離れ)を事務所として使用していました)
[PR]
e0002820_1971766.jpg京都でおこなわれた「山村再生セミナー」(まちむら交流機構、林野庁主催)にて話をさせていただきました。先におこなわれた林野庁の「山村再生に関する研究会」でヒアリングされたご縁です。「放置林は宝の山!小規模林業の推進で森林、山村の再生を」という題で発表しました。
e0002820_19102432.jpg70名を超える参加者の方々です。参加者の方々は、山村再生の事業を実施する目的で聞きに来られていますので、皆真剣でした。質問もたくさん受けました。皆さん興味を抱いていただいたようで感謝です。
e0002820_19152024.jpgもう一題のかつらぎ町&守口市の発表模様です。終了後もいくつも質問を受けました。また、まちむら交流機構の齋藤専務とも親しく対話できました。齋藤さんは林野庁出身ということで、とても興味を持っていただいたようです。今後こういう取り組みを全国に広げる役目を持った組織の方ですので実に有意義な対話になりました。いろいろ連携もできるかもしれません。どんどんこういう取り組みが広がることを期待したいですね。
[PR]
e0002820_18532186.jpg本日土曜日は久しぶりの晴れ。田植さんが田植えに向けて準備してくれています。やっと田焼きができました。それでも下の方は濡れてますのでなかなか燃えません。
e0002820_18551761.jpgやっと水を入れられる状態になりました。畦の施しをして、水を入れ始めて本日は終了です。28日までに2回程度の代掻きと畦塗りをして田植えに突入しましょう。
e0002820_18581693.jpg
苗は順調に育っているのでしょうか。
e0002820_18595686.jpg
近くの田植えの終わっている田んぼで、マルタニシが元気に活動していました。
[PR]
←menu