<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0002820_8541023.jpg
さめうら水源の森ネットワークより間伐ボランティアの案内が来ました。

今年度は9月より本格的に演習林(約14ha)の間伐を実施し、4ha終了したとのこと。とても明るくなり、いい森になってきそうとのことです。

2月・3月の予定は
2月10日(土)、17日(土)、24日(土)、3月10日(土)、17日(土)
5回実施するとのこと。
土佐の森・救援隊も過激ですが、こちらもなかなかやりますね。森林再生、間伐に意欲満々ですね。
2月10日か3月10日は何とか交流してもいいですね。
[PR]
e0002820_16534361.jpg27日は本川桑瀬の林道敷設に伴う支障木の搬出です。この日は午後から雪になりなかなか寒かったです。夕方暗くなるまで作業しちゃいました。
e0002820_16574823.jpg28日は公道拡幅のための支障木伐採・搬出です。双方面積はたいしたことないのですが、しかし皆伐ともなればかなりの量です。密植林は恐ろしい!
e0002820_1722542.jpg切り倒した材を簡易架線でじこじこ出しました。なかなか全ては難しいですな。
e0002820_1741292.jpgここはなかなか大きい杉が結構ありました。これは直径65cmありました。樹高も良く伸びており倒す際はなかなかの迫力でした。林内作業車で吊り上げられるかな? ここは以前は畑地だったようで土地が肥えすぎていたのか、黒芯や腐り芯もありました。やはり適地植林の大事さを感じますね。
双方、個人の方や業者からの依頼でおこないました。狭い範囲ながら密度の濃い作業のため依頼先がなく困っていたようです。地域の便利屋になっちゃいそうですね。
[PR]
西土佐の四万十学舎にて今年度「山の一日先生養成講座」がおこなわれています。今度の土曜日は参加する予定でしたが、急用が入りいけなくなりました。
ので、お詫びにささやかながら宣伝させていただきます。まだまだ募集しているようですので、興味のある方は参照してみてください。 こちらです。


e0002820_9342844.jpgそれと四万十学舎は、毎日新聞社主催の「グリーンツーリズム大賞2006」の優秀賞を受賞されたそうです。おめでとうございます。さすがですね。写真は事務所の片隅です。
e0002820_935149.jpg
山田さんとみっちゃんと一杯やれると思っていましたが残念。写真は山田副学長です。
[PR]
高松に行ってきました。仕事は昼前に終わり、昼食時に東から西に向かって、讃岐うどんツアーをしました。
e0002820_21385043.jpg最初は「田村」です。謎のうどん職人のおじさんには「田村はしょうゆ」と聞いていましたが、ここは「かけ」でした。「ひやあつ小」を食べました。..うまい! さすが行列ができる店だけはあります。お代は100円。
e0002820_21463871.jpg次をどこにするか迷いましたが、いつもの西の横綱「長田」です。「釜上げ小」しょっちゅう食べていますがやはり、うまい!。イリコだし醤油も飲み干しました。お代は250円。
e0002820_21493077.jpg
最後は「山内」です。
e0002820_2202281.jpg「ひやあつ小」で200円。上品なかけで仕上です。
合計550円。おそるべし!讃岐うどん! ちなみに相棒は全店「大」でした。とても満足な昼食でしたが、スローフードとは言いがたいですな。
[PR]
e0002820_217875.jpg本川地区、スギ人工林表層崩壊地の復旧のお手伝いをしました。1~2mぐらいの表層がすべっています。雑木林で止まっています。
e0002820_21103178.jpg滑った上端です。ここのスギの根はほんとに浅いことがわかります。1mも入ってないような感じです。結構大きなスギなのですが。人工林の怖さを垣間見ました。
e0002820_2114278.jpgここをボーリング調査するため、倒れた材の撤去をする作業を手伝いました。得意の簡易架線を張って材を移動させます。班長は小林さんです。架線張りのプロになってきましたね。
e0002820_21134317.jpgウインチは林内作業車を2台使用。量は結構ありましたが順調に材移動させることができました。皆さんお疲れ様でした。
e0002820_21265773.jpg
ここはけっこう標高の高いところで斜め前に笹ヶ峰が見えています(正確には笹ヶ峰の東どなりの山(ちち山?)でしょうか)。しかし暖かいですな、ここで全く寒くありません。笹ヶ峰もほとんど雪がありませんね。
[PR]
e0002820_16253826.jpg
香川県の高知県人会より水源地での、土佐の森・救援隊の活動を評価され、寄付をいただきました。この日は県人会事務局長の谷脇さんがわざわざ来ていただきました。ありがたくちょうだいしました。活動費と本川ファンドの原始に使わせていただく約束となりました。
e0002820_16324814.jpg
お礼に隊酒「10時までよ!」を贈呈しました。
e0002820_16341164.jpgこの日は県人会の谷脇さんはじめ、初参加の方が3名おりまして、私は中川さんと一緒に新人の方への研修です。写真はチェーンソーの取り扱いを説明しているところです。谷脇さん以外のお二人は最近の傾向を象徴する方々です。一人は大学生(それも女性)、もうひとかたは団塊の第一世代です。森林保全に興味を持ってる世代の代表ですね。
e0002820_16362326.jpg午後からは実践研修です。ぎこちなくチェーンソーを使い始めました。しかし夕方には皆それなりに使えるまでになりました。お疲れ様でした。本日は有意義な1日になりました。
[PR]
e0002820_20403096.jpg土佐の森・救援隊が整備する森を見学に来てくれました。視察してくれたのは吾北の森林所有者で組織する森林組合の方々です。主に作業道の状況とどういう搬出の仕方をしているかです。やはり小規模に低コストで搬出するやり方は興味があるようです。
e0002820_20444824.jpg作業道の洗い越しを熱心に見ているところです。結構の傾斜地に敷設されている作業道に驚いておられました。自らの山にも少し光明が見えたような感じがしたとのことです。さあ、これからどういう展開が成されていくのでしょう。楽しみです。
[PR]
e0002820_1634012.jpg
大分の佐伯に行く機会に恵まれました。せっかくですので大分の特徴に少し触れてきました。

e0002820_22313578.jpg大分県佐伯市木立にある農村民宿に泊まってきました。このご家庭は農家ではありませんが、農村で林に囲まれた生活に憧れ、ここに居を構えられたとのことです。大分県には農山漁村民宿が、なんと96軒も開業しているとのことです。
e0002820_22402293.jpg佐伯は後発組みでのようですが、すでに6軒が開業しているようです。このご家庭も始められて1年未満のようです。写真はご自宅の玄関の雰囲気です。
e0002820_22411163.jpg庭はほんとに林のようです。クヌギとケヤキを中心に植えられています。
e0002820_22435986.jpg経営されてるご夫婦です。とても話し上手で楽しい夜を過ごさせていただきました。このご主人の趣味というか生き甲斐の一つとして福祉ボランティアをおこなっているそうです。直接グリーンツーリズムに繋がらない方が農村民泊をやられています。大分の懐の深さを感じました。
e0002820_22455034.jpg
朝見た大分の新聞です。
e0002820_22464271.jpg毎日、地域別のニュースに1頁が費やされています。6地域ぐらいありますので6ページが使われています。政治・経済・社会のページも地域のニュースが多いように感じました。徹底した地域密着新聞です。
e0002820_22532883.jpg1面の左上には、その日紙面に登場する地元の人物がカラー写真で紹介されています。なんと!という感じです。地域で頑張る人にとっては励みになる新聞です。さすが地域づくり先進地ですね。
[PR]
e0002820_21332235.jpg
これは伊吹山登山道の途中にある、天然の杉です。とても威厳があります。
e0002820_21353141.jpg80年生ぐらいでしょうか。木肌がとてもキレイです。植林の杉とは種類が違うのでしょうか。或は育ち方が違うからでしょうか。
e0002820_21375568.jpgこれはこのあたりに結構あるリョウブです。このあたりから、ブナが現われ始めます。頂上近くの高木はほとんどブナです。
e0002820_21404052.jpg
天然杉の近くから見る「子持ち権現」です。
[PR]
e0002820_1973638.jpg
e0002820_1987100.jpg白猪谷から伊吹山へ登り、樹氷を見てきました。この冬は暖かく例年ほどの迫力はないようです。
e0002820_19143991.jpgおもしろい光景です。コロボックルの国に来たみたいです。
e0002820_19153482.jpgこれはなんでしょう?
e0002820_1916277.jpg伊吹山の頂上です。とても見晴らしのよいところです。後ろに見えるは、「子持ち権現」と「瓶ヶ森」「西黒森」です。正面には「手箱山」と「筒上山」が見えています。右には「石鎚山」です。
e0002820_19201533.jpg樹氷の中で写生する山岡師匠です。
e0002820_1922866.jpg

[PR]
←menu