<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

森林のネットワークが広がるたびに、また先日のようなシンポジウムに参加するたびに、荒れた森林や不況の林業を再生するにはどうしたらよいか、結構真剣に考えるようになりました。

最近一つの方向性が見え出しました。この感覚が正しいか、会う方々に感触を確かめていますが、間違ってないのではないかと思えるようになってきました。

日本の経済はいろいろ問題を含んでいますが(特に地方)、ひところに比べれば、という状況のようです(都会は割合よくなっているような)。一応横ばいのような状況に持ち直した原因はなんでしょう。ひところ流行語にもなった「不良債権」の処理ではないでしょうか。これが存在するかぎり日本の再生はないと言われていました。政府は税金まで投入して銀行の不良債権を処理しました。その結果、現在のような状況になっております。

林業は林野庁や地方自治体が一生懸命力を入れているのですが、一向によくなりません。荒れた人工林は加速度的に災害を起こしまくっています。国や企業、自治体が怠けているわけではありません。しかしこの状況です。どうも一つ基本的なことを見落としていないでしょうか

そうです、森林にも「不良債権」が存在し、これが全ての努力を無にしているのではないでしょうか。例えば仁淀川町。合併して人口7300人ほど、面積は大きくなり330k㎡。大阪市より広く、東京23区より小さいということになります。このうち森林の割合が90%弱、人工林率は74%です。人口7300人のうち林業従事者はどれだけいるでしょう。

このキャパで膨大な森林を管理できるわけがありません。高知県にしてもしかりです。日本においてもそうではないでしょうか。要するに林業の許容量を完全にオーバーしている=不良債権化している森林が多く存在する ということではないでしょうか。

ではどうするか、当然不良債権処理を実施しなければなりません。
「不良債権化した森林」とはどういう森林か。これは生産効率の悪い森林ということでしょう。
森林の状態は別にして「立地」で見てみましょう。

おそらくこうではないでしょうか。急傾斜地、沢筋(特にV地谷)、奥山、ではないでしょうか。その証拠にこういう場所が放置林化されている場合が多いですね。林業はこういう場所を不良債権として放棄すべきです。

では誰が面倒を見るか。しかし、よく考えてみてください。急傾斜地と沢筋は近年、表層崩壊や沢抜けを繰り返し、災害復旧工事や砂防工事が繰り返されている防災上重要な位置になります。国土保全上重要な立地です。国土保全費を投入すべき場所ではないでしょうか。要するに国土交通省が主体的に管理すべき立地。

また、奥山は人間が近づきにくいため、生態系保全上重要な位置といえます。こういう立地は環境保全費を使うべきではないでしょうか。要するに環境省が主体的に管理する立地。

故に、林業が林業として成り立つ立地で生産すべきです。作業道敷設可能で生産効率の高い立地に集約すべきです。こういう線引きが必要です。必要以上のものを抱え続けることがよくないのはわかりきったことです。

少々短絡的ですが、うまく棲み分けはできます。縦割りを乗り越え連携して、産業の活性化、国土保全、生態系保全を一体化して実施する時期にきているのではないでしょうか。
[PR]
前回の表彰の件、林野庁の記者発表資料(プレスリリース) 10月31日New で発表されています。
[PR]
e0002820_2052942.jpg

林野庁より上記のような表彰を受けることになりました。プレス発表イメージです。来月9日表彰を受けに島根に行かんといかんようになりました。土佐の森・救援隊もやっと世に認められるようになってきました。森林ボランティアNPOのさきがけとして頑張りましょう。
[PR]
昨日までの会合疲れをとるべく、本日は本川で間伐です。久しぶりに伐まくれるようです。
e0002820_6454575.jpg本日は、なんと鎌倉の地から参加してくれた、野村さんとのコンビです。女性ですがなかなかきまっていますね。彼女は今は鎌倉在住ですが、以前は高知に住んでおり、れっきとした土佐の森・救援隊員です。
e0002820_21495136.jpgヒノキ林で、このようにかずらが多く、掛かり木にもなり苦労しましたが、いい汗かきました。昨日の疲れも汗と一緒に飛んでしまいました。
e0002820_2154332.jpg
材は当然搬出します。搬出班はいつものお二人。
e0002820_21552035.jpg汗をかいた後の昼の弁当は美味いですな。
e0002820_21563469.jpg3時ごろまで作業し、搬出した材の前で、はいポーズ!お疲れ様でした。気持ちのいい疲れです。
[PR]
e0002820_213132100.jpg
「明日の海岸を考えるシンポジウム in 高知」にパネラーとして参加しました。パネルディスカッションのテーマは「ふるさとの山・川・海 希望の明日へ」です。このディスカッションに山の代表として参加しました。肩書きは、土佐の森・救援隊としてです。
コーディネーターで高知新聞社編集局次長の中平さんの展開がうまく且つ森林に関心があるようで、発言も若干多くいただき結構言いたいことを言わせていただきました。
内容はともかく、収穫があったのは、高知新聞社の中平さんと、マリンスポーツ振興協会会長の島田さんに、間伐作業参加を訳したことです。早速案内を出し、森林整備に一役買ってもらおうとしましょう。
しかし、こういう会合は結構疲れますね。ふ~!(写真は打ち合わせ時のものです。本番時はよう撮りませんでした)
[PR]
e0002820_2121296.jpg
国道194号線の利用促進についての会合が開かれました。今回はディスカッションの進行役をおおせつかりました。わりあい、ざっくばらんに検討が進められました。その中で、本川地区での「四国のてっぺん、マウンテンバイクレース」の実現性が見えてきました。ここまで関わってくれた方々の努力です。今回の会合で皆の協力を取り付けることができました。何とか実現してほしいものです。会合のあとは「アサヒビール園」で一杯やりました。
e0002820_21291342.jpg

[PR]
先に紹介した「足踏み脱穀」日は実に忙しい一日でした。
前日の夜は「けんちゃんの交流会」
e0002820_1345269.jpg
眠い目をこすりながらあさ7時から、仁淀川の清掃。終われば集まったゴミを土佐市のゴミ処理場へ。
e0002820_1346274.jpg
終了後、吾北の高橋宅へ脱穀機を借りに行き、それから成山で脱穀。朝からここまでの走行距離100kmを突破。
e0002820_13475525.jpg
夜は、またまた吾北の農家民宿「竹の元」(高橋宅)へ、まちむら交流機構と飯田市の観光カリスマに選ばれた、グリーンツーリズムの先駆者の方と懇談会。疲れのせいか、ここでは飲み過ぎて倒れそうになりました。しかし、先駆者の方やあちこち視察されている方の話はとても参考になりました。特に飯田市の方が成山を視察され、「近藤のおばちゃん」に注目されていたのはさすがでした。宿泊は和田さんのお宅に泊めていただきました。いやいや、疲れました。しかし、気持ちのいい疲れです。
[PR]
e0002820_14364317.jpg

e0002820_14374950.jpg本日は脱穀日です。地元の農家と脱穀日が重なり、昨年までのように脱穀機を貸してもらうことができませんでしたので、昔ながらの「足踏み脱穀機」でおこなうことになりました。しかし、これがなかなかおもしろい!本日参加の石川ゼミの学生も大はしゃぎです。指導してくれた地主の近藤さんも、昔を思い出し、大喜びでした。
e0002820_1425386.jpgこの機会は上東の和田光正さんの紹介で高橋さんにお借りしました。とても貴重なものです。「天下一」という文字が印象的です。
e0002820_1427284.jpg当時は画期的な機会だったのでしょう。購入された日付を書いておりましたが、なんと昭和3年です。よくぞ大事にされてきたものですね。
e0002820_14284471.jpgちょっと時間がかかりましたが、地元の農家の方も珍しがって見に来られました。また、この日の夜懇談することになっていた、まちむら交流機構や飯田市の観光カリスマの方もちょうど見に来られました。賑やかな脱穀となりました。
e0002820_1431563.jpg
近藤さんの指導で「わら縄」の作り方も教わりました。皆上手になりました。この縄でわらを縛ります。
e0002820_14322873.jpg
皆さんお疲れ様でした。
[PR]
e0002820_14152071.jpg
「けんちゃんのどこでもコミュニティ出演者交流会」に参加してきました。この番組は今年の3月で終了しており、現在は「××トラットリア」という番組になっています。やはり新番組出演者が多く知らない方が多かったですね。しかし一個人でこれだけの交流会を催しているけんちゃんにも頭が下がります。今後も頑張って続けてください。
[PR]
e0002820_22221978.jpg
天然記念物に指定されているヤマネを三井協働の森で見つけました。間伐途中、寝ているヤマネを起こしてしまったようです。整備初日にヤマネに遭遇するとは。「豊かな森にせよ」と言われたようなものですね。心して山を整備せんといかんですね。
e0002820_22303664.jpg
三井のみなさんもよろしくお願いします。
e0002820_22314078.jpg
国道沿いにはこんなに大きな看板があるのです。おお~!
[PR]
←menu