悲しい知らせ

先週、岡山大学からの帰りの特急「南風」の車内にて、その知らせを友人から受けました。
これまで本物の木質バイオマスシステムを高知にて広めるにはどうしたらよいかを議論しあってきた松崎武彦さんが亡くなられました。
調子が悪くて一時筑波へ帰るという風に本人から9月くらいに聞いてはいたのですが、これほど悪かったとは。実に残念です!

仁淀川町の小規模な現場(自伐林家)からによる収集運搬システムの成功をことのほか喜んでくれていました。松崎さんのブログでも紹介してくれています。これからいよいよ、松崎さんが晩年に取り組まれたこの、木質バイオマス利用システムが花開こうとしている時だけに、いかにも残念です。

岡山大学での講演も松崎さんの推薦によるものでした。私がその岡山大学で講演している最中に松崎さんは帰らぬ人となられました。何としてもこの本物の木質バイオマスシステムを広めんといかんと改めて思いました。

謹んでご冥福を、お祈り申し上げます。合掌。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-12-26 23:00 | 森林 | Comments(0)
←menu