森からみる限界集落シンポジウム

e0002820_207335.jpg「限界集落」という単語の生みの親である大野先生を招いてのシンポジウムを実施しました。
一般公募ばかりで、ほとんど動員かけなかったのですが100人を超える参加者が集ってくれました。関心の高さが伺えました。大野先生は限界集落の現状と問題点を明らかにして、対策の基本方針を示してくれました。
e0002820_2012258.jpgその後、私のほうで具体的対策の事例を紹介させてもらいました。橋本前知事をはじめてするパネラー陣も積極的なご意見をいただき、結構盛り上がったシンポになりました。行政の方々が結構聞きに来てくれてたようなので、何かヒントを持ち帰ってくれればいいのですが。
素吾たっふの皆さんお疲れ様でした。
翌日は愛媛県の大洲でおこなわれた「えひめ森林ボランティア連絡協議会」主催の「森林ボランティア育成交流集会」にても話をさせていただきました。小規模な林業が徐々に見直されてきているようです。時代は変わりつつありますね。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-12-15 20:15 | 森林 | Comments(0)
←menu