小規模林業(自伐林家、副業林業等)拡大策の背景と意義

森林の荒廃が水源の涵養、生物多様性、土砂流出・災害等に影響を与え、森林再生のための間伐が緊急課題の昨今、森林組合等へ委託した集約的な間伐事業は、やっと軌道に乗り始めた感がある。こういう事業間伐は大事なのだが、一方では小規模に分散した私有林は、どうしてもこういう事業の網から漏れることも事実である。
全国、高知県の山村の林業をつぶさに見てみると、林業不況や過疎高齢化により少なくはなってきたが、自らの山林を自ら整備し施業している、いわゆる「自伐林家」と言われる方々が多数存在する。これらの方々は自らの所有山林である故に愛情がこもり、また頻繁に山に入り整備すること、永続的に収入を得ようとすることから自然に長伐期となり、皆伐されることも少なく、とても「いい森」ができあがっている。「いい森」というのは先に述べた、水源涵養、生物多様性、災害防止等の機能(多面的機能)が十分発揮されている森のことである。実際に、集約し委託施業にて実施される森と比較してみると、はるかに多面的機能を発揮する森になっているのである。一方施業方法は、個人や家族林業的な方が多く、小規模であることから低投資であるため労働対価率が高く、現在の安い材価でも業として成り立っている。また副業でおこなっている場合も多い。
しかしながら、森林組合等による大規模集約林業が全盛の現在、これらの方々はひっそりと目立たない状況であり、行政による支援策も乏しい。しかし、多面的機能を発揮する森を多くつくるには「自伐林家」的施業する方々を増やしていけばいいのである。経済的にも成り立っており副業対応も可能なことから、山村地域の副業として位置付ければ山村再生に直結するのである。例えば、山村地域ではこれまで農業や土建業等で生計を成り立たせていた方が多いが、これらの産業が後退してきたため収入が減ってきているのは事実である。こういう方々が主業である農業等を続けながら副業として低投資の林業が展開できれば、新たな副業がつくられ、まさに山村再生につながる。またこれらの地域住民の多くは山林を所有しているのである。山林所有者や地域住民を自伐林家化する政策は遠回りのように思えるが、これらの方々は一定レベルの技術やノウハウはある程度持っており、ちょっとしたきっかけや価値観の転換で、副業林業を展開できる素地があるといえる。そうなるとさほど多くの公的予算を投入することなく、雇用経済の拡大ができ、森林・山村再生に直結出来て、むしろ近道であると言えるのではないか。


少し視点を変え、上記ピラミッドを見ていただきたい。右側が現在の人口構造である。頂点の「専業」は森林組合や素材生産業者等のプロ集団。現在の林業界はこのプロ集団の下部にあたる「セミプロ」的なところ(上記ピラミッドの副業、アルバイトの部分)はほとんどが個人で、団体やネットワーク的な組織も開かれたものが少なく、一般の方が林業を志すといきなりプロ集団に飛び込まなければならない。それも主の仕事として。これは非常にハードルが高く、実際林業を目指す若者が途中リタイヤする要因はこのあたりにあるのではないだろうか。また山林所有者が自ら施業に至らないのは、実践的な技術教育や経営指導してくれる機関がないためであろう。実際NPO法人土佐の森・救援隊にはこういう意向がある方が何人も参加している。自伐林家になりたいとの需要はあるが、支援や教育機関がないという状態だ。左のピラミッドのように、現在少ない副業やアルバイトとしての林業が確立され、支援や教育する組織が整備されれば、個人の状況に合わせたステップアップが図れ、アルバイト、副業対応する方が増えていくことで、プロを目指す方も多くなり、プロ集団の底上げが図れる。これにより持続可能な林業構造を築けるものと確信する。
■  [PR]
by ken_nakaji | 2008-12-05 07:14 | 森林 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://washinosat.exblog.jp/tb/9140304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from money lenders at 2014-10-30 15:47
タイトル : money lenders
小規模林業(自伐林家、副業林業等)拡大策の背景と意義 : 里山’s Bar ~おおのたまらん!土佐の山・里~...more
Commented by ukiki_kumi at 2008-12-05 16:54 x
ご無沙汰しております。
長瀬(旧姓)久美です。
先日の風の谷のなるやまはとても良いイベントでした。
限界集落に興味を持つきっかけとなりました。
ありがとうございます。

先日こちらで12月13日に高知大学で限界集落についての講演会があるという記事を拝見したと思ったのですが、その後記事が見つけられなくなりました。私の見間違いだったのでしょうか?
13日に高知に帰るのでちょうど行けると思っておりましたので^^
よろしかったら教えていただけませんでしょうか?
Commented by ken_nakaji at 2008-12-05 21:01
長瀬さま
ご無沙汰しております。
12月13日高知大学でおこないます。ブログでも紹介しようと思っていたとこです。以下のサイトを確認ください。
http://mori100s.exblog.jp/7709431/

http://shizen100s.exblog.jp/
Commented by ukiki_kumi at 2008-12-07 13:42
こんにちは。
早速ありがとうございました。
申込みのメールさせていただきます。
←menu