えひめ千年の森

e0002820_18483686.jpg
ここは愛媛県東温市井内地区というところ。
愛媛大学の鶴見教授夫妻が「えひめ千年の森」を展開するフィールドです。広大な人工林の裾野に棚田が広がる地域です。ここのてっぺんの棚田横に鶴見先生のご自宅があります。フィールドはこの森と棚田です。
(1)森づくり(2)世界に開かれた木炭学校(3)自然農法実践農場(4)農林産物の加工が学べる場(主に安全で健康によい「食」が体験できる場)(5)ありのままの自分に出会う場(6)未来循環型自給自足の生活体験ができる場
を目指してNPOを立ち上げ、自ら実践の場を持ち、地域と協働しておられます。研究と実践の双方を兼ね揃えている鶴見先生の凄さですね。
e0002820_185481.jpg先生のご自宅です。藁葺きの家が2棟並んでいます。左側がはなれでゲストルームとして使っておられます。ここからみる棚田の風景は抜群です。無農薬で作った米も順調に育っているようです。

棚田を見下ろしながらの生活です。羨ましいかぎりですね。
e0002820_1994373.jpg
こういう立地をみてもわかるのですが、「農」と「林」は一体ですね。双方今、不振にあえいでいますが、分離した政策が生んだものではないでしょうか。冬場は「林」、春から秋は「農」、機械も農・林一体型であったならもっと便利でしょう。どちらを主にするかはその方次第。双方から収入を得て生計を成り立たす。今後は農の副業として林を据える、そういう展開する農家が増えることに期待したいですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-08-30 19:17 | 森林 | Comments(0)
←menu