小田深山の水無山

e0002820_23401778.jpge0002820_23402969.jpg
小田深山の水無山ルート開拓(調査)に出かけてきました。国有林ですので人工林がたくさんあるのですが、水無川周辺のものは70年生ぐらいの杉で、間伐もきちんとされ、直径も大きく、とてもいい状態の杉林がありました。

e0002820_2345734.jpge0002820_23452519.jpg
標高の低い谷沿いの代表樹です。左がサワグルミ、右がカツラです。特にクルミの木がたくさんありました。

e0002820_2348930.jpge0002820_2348191.jpg
一休みした時にいたハエのような虫と、アメゴがたくさんいた小さい淵です。

e0002820_23495966.jpge0002820_23502047.jpg
標高が上がり、谷から尾根に出ると、このようにブナ林になります。大木は少ないのですが気持ちのいいブナ林が広がっていました。

e0002820_23531591.jpge0002820_23532991.jpg
道なき林をやっとのことで稜線までたどり着きました。岩場があり、この日はここまでとしました。岩場から見た風景です。どうやら大野ヶ原や天狗高原のようです。
ルート開拓の目的でしたが、このルートもうちょいひとひねりいりそうです。

e0002820_23582361.jpg
ブナの実です。ブナの実、クルミの実と、実がたくさん転がっているルートです。
e0002820_00021.jpg
帰りに佐川を通りかかると、1.5tぐらいのトラックがタンコロを満載にして走っていました。いや~このあたりは、これが当たり前の風景になってきましたね。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-08-09 00:02 | 森林 | Comments(2)
Commented by MIJP-Akase at 2008-08-19 13:04
すごいですね!圧倒されてしまいました。
Commented by ken_nakaji at 2008-08-21 22:59
四国の山奥にはまだまだ幽玄な森がたくさんあります。大事に保護したいですね。
←menu