NEDOバイオマスフォーラムin最上

e0002820_22584318.jpg「バイオマスエネルギー地域システム化実験事業 情報交換フォーラム2008 in 最上町」へ参加してきました。最上町をはじめ、実験事業実施の全国7カ所のメンバーが集いました。写真はウェルネスタウン最上に設置してあるチップボイラーです。
e0002820_2313434.jpge0002820_2345932.jpg
収集運搬の現場視察です。山が緩い!丘のような山に人工林が広がっています。が、ほとんど手入れされていないようです。

最上の収集運搬システムは、間伐された全材を燃料用に使うとのこと。それはちょっとおかしいのでは?
それと右の写真のように、スイングヤーダ、ハーベスタ、フォワーダーと高性能機械が勢揃いです。これで用材を搬出せずに、バイオマス燃料にだけ搬出です。これでは採算が合うはずがないと思い、担当者に聞くと、最初から補助金だのみとのこと。ん~?。高知のSセメントと同じですね。どうも根本的な考えが甘い?仁淀川町と随分考えやレベルが違うものですね。

e0002820_23144937.jpge0002820_2315895.jpg
e0002820_23153146.jpgこちらはチップ化設備です。間伐材を全材、高性能機械で搬出するものですから、2mにカットされ、きれいに積まれています。林地残材のタンコロ中心の仁淀川町の土場と随分風景が違いますね。

e0002820_23201510.jpge0002820_23203631.jpg
実験事業委員長の熊崎先生の講演と、その後の情報交換会です。
収集運搬部会では、やはり仁淀川町の小規模収集運搬システムとその実績が話題になりました。また土佐の森システムがアピールできました。早くこの方法が全国標準になるようにしたいですね。
夜の懇親会は赤倉温泉でくつろぎました。初めての山形はあわただしく、いろいろありました。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-08-08 23:24 | 森林 | Comments(0)
←menu