梅雨が明け真夏になりましたが

e0002820_2252971.jpg今年は早くも梅雨が明けました。
日曜日は暑い一日でしたが、仁淀川の黒瀬にはたくさんのアユの釣り人が出ています。
涼しそうな風景です。
e0002820_2281597.jpg「JAPAN Cup」なるテントが見えます。アユ釣りの大会でしょうか。
ここは黒瀬という瀬の名前が地名になっているところで、昔よりアユ釣りのメッカです。黒く見えるほどアユが集まる瀬ということでしょうか。下流に向けて、黒瀬、柳瀬、楠瀬、勝賀瀬と瀬がつく地名が連続します。仁淀川は瀬と淵がきっちりと連続する川らしい川です。
e0002820_22185046.jpg仁淀川の風物詩も関係なく、こちらのグループは材の搬出に専念しております。ここは標高900mを超える場所ですので割合涼しいですが、さすがにこの作業は皆汗だくでおこなっています。
e0002820_22211331.jpgこの日は土佐の森方式の軽架線の研修会ということです。初めてという若者が研修生として参加していました。この軽架線はプロ組織が使う、スイングヤーダやタワーヤーダの代替装置です。但し投資コストは1/100程度でしょうか。
[PR]
by ken_nakaji | 2008-07-07 22:29 | 森林 | Comments(0)
←menu