ブレイクしそうな木質バイオマスシステム

e0002820_636368.jpg
これは仁淀川町の「仁淀川流域エネルギー自給システム」の全体図です。NEDO全国7カ所の実験事業中唯一の、一部団体だけで閉じたものではなく、地域住民、企業すべて巻き込んだ地域起こしシステムになっています。この点が評価され、中間評価も高評価されました。

それに加え、森林環境保全直接支払い制度(デカップリング政策)を独自に導入。
その支払いを地域通貨券にて支払い、地域経済浮揚を支援。
自伐林家を支援する仕組みであるため、他人が施業する(森林組合等)場合より、いい森ができ、Co2吸収力高い森の促進になる。
クリーンエネルギーによるCo2削減の促進。Co2排出権取引も視野に。

木質バイオマスプラントを中心にして、地域が好循環に入っていく可能性のある仕組みです。
仁淀川町では着々と進んでいます。

仁淀川町の視察も急増しています。
私の方への問い合わせも急増しています。
近い将来ブレイクしそうな感じがあります。
C材で晩酌を!事業も急増しています。今後が楽しみです。
e0002820_6561620.jpg
e0002820_6572094.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2008-01-23 07:02 | 森林 | Comments(0)
←menu