C材搬出~皆伐施業とのコラボレーション~

e0002820_21533164.jpg
仁淀川流域エネルギー自給システムの「C材搬出~皆伐施業とのコラボレーション~事業」の第1回目です。吾北の皆伐施業業者の協力が得られ、自伐林家(Y氏)と土佐の森・救援隊とでC材を搬出しました。1日で30t近いC材が搬出できました。
e0002820_22225052.jpg施業業者にとっても残材を処理してくれることはありがたいことなのでしょう。気持ちよくグラップルで手伝ってくれました。今回の経験で、皆伐施業跡のタンコロ・枝葉の処理にはグラップルが必須であることがわかりました。無造作にうずたかく積まれたタンコロ・枝葉は人力や林内作業車ではなかなか処理しきれません。写真のような大型のグラップルである必要はないのですが、つかんでトラックに入れる機械がいりますね。
e0002820_2275018.jpg森林組合の破砕場です。
e0002820_22114056.jpg
うずたかくC材が積まれています。C材搬出者が増えているようですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2007-12-23 22:20 | 森林 | Comments(0)
←menu