ハゲタカ

e0002820_8283442.jpg
木質バイオマス利用のような動きは歓迎すべきなのですが、そういうのにつけ込んで一人勝ちしようというホリエモンのような考えで高知の山に入ってこようとする大手企業には要注意です。
例えば嶺北地方中心に、新生産システム事業を利用し、現在高知県が製材している量と同じ量の集成材を生産しようとしている動きなどは、どうも「ハゲタカ」の匂いがします。製材量を倍にするということは、素材生産量も倍にならなければなりません。嶺北杉は全国でも良質の杉で、西条の市場の方に聞くと、良質の杉は大径木でなくても2万円/m3ぐらいの値のつくものもあります。そういうきちんとした杉を扱う素材生産業者やいい山をつくっている林家が、安い集成材へ搬出する道理がありません。ということは素材生産業者をよそから連れてくるということと、未整備であまり知識のない山林所有者をターゲットにしてくる可能性があります。
そうなるとどうなるか、下層植生のない地肌の洗われた未整備林が安く買いたたかれ、皆伐されるでしょう。皆伐跡は放置されます。腐葉土のなくなっている山は植生が回復せず、はげ山になります。そうすると写真のような土砂流出や崩壊が頻繁に起こる可能性が出てきます。写真は皆伐跡地が数年前の大川豪雨で沢がことごとく洗い流されているものです。グーグルアースで見たものです。こうなると早明浦ダムには砂防ダムのように土砂が堆積することでしょう。これは四国全体の問題です。こういう「腐った高知の山を買いたたく!」的な行為は絶対にさせてはいけないですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2007-12-15 08:48 | 森林 | Comments(10)
Commented by トニー at 2007-12-17 19:15 x
初めましてだと思います。よろしくお願いします。
恐ろしい映像だと思います。
で、疑問なのですが。
元々あった木々の伐採根はどうなのでしょう。
さほどの急傾斜でもなさそうですし。
2~3年で草木が生えてきそうだなんて、勝手に想像してしまうのですが・・・。
昭和初期のころもたぶんそうだったろうし、
たぶん、ここに植林しても同じ結果だと思うし・・・。
一度に大規模に伐採したことが最も問題だと言うことですか?
小規模ならOKでしょうか。
昭和の初期は日本国中ハゲ山だらけだったと聞いたことがあります。
でも、回復している。
植林によるものとは思えないのです。
自然回復しないのでしょうか。
でも、伐採生産が出来る山だとすると、
再造林しないのは何かもったいないような気がします。
Commented by ken_nakaji at 2007-12-17 20:31
トニーさま、コメントありがとうございます。
未整備のまま放置されたスギ・ヒノキの人工林内は全く植生がありません(陽が当たらないため)。植生がないと雨が降るたびに土壌は雨滴浸食を受けます。土壌はどんどん流されます。腐葉土層がなくなったところは埋土種子がほとんどありません。このようなところが皆伐されることが恐ろしいのです。要するに植生が回復せず禿げ山の状態がしばらく続きます。この間に集中豪雨や地震があると表層崩壊や沢抜けが頻発するのです。人工林でもきちんと整備されているところは皆伐してもすぐに植生が戻ります。自然林帯もそうです。昔のはげ山は腐葉土があるためすぐに植生が戻り山に帰るのです。要するに植林後の手入れの具合による土壌の状態で皆伐後の山がどうなるか決まります。現在は林業不振のため再造林されるのはほんの一部です。ゆえに未整備の人工林は皆伐せず、間伐し下層植生が回復するのを待つ必要があります。山林所有者にはよくよくそのことに配慮すべきです。
Commented by トニー at 2007-12-18 12:40 x
ご指導ありがとうございます。私の住居は静岡県の大井川流域ですが、間伐地の下層植生ですが、鹿などのお食事になってしまい、シキミとかしか生えていない区域が目立つようになってきました。どうしていけばいいのでしょう?
このこととは矛盾しますが、私も伐採後再造林しないならば捨て切り定性間伐するよりは、列状間伐で優勢木を搬出換金するのがいいと思います。成長スピードが遅いところ以外、日本全国、それくらいの状態になってきていると推察しています。
Commented by ken_nakaji at 2007-12-18 23:13
実は「山がお金になる」ということがよくわかってない山林所有者が多いのです。造林して30年上経過している山は、未整備とはいえ14cm以上になっている木は多いはずです。これを搬出すれば、ヒノキで1.8~2.5万/m3、スギで0.7~1.5万/m3になります。これは自ら搬出すればかなりよい単価です。それが以外にわかってないのです。搬出さえすればそこそこの単価になります。100%なるのです。間伐して長伐期施業を目指すと、毎年100~200万/1haの収入にすることも可能です。今ある山林をよく理解し、どうすべきか判断すべきです。私の経験ではかなり悪い山でも、自ら施業することを選べば十分収入になるはずです。
Commented by ken_nakaji at 2007-12-19 07:22
鹿の食材になる件は、なかなか難しいですね。高知でも問題になっています。長期的に考え山の生態系を正常に戻していくしかないと思います。短期的には鹿を捕るしかないのでしょう。鹿は結構美味しいのですが。
Commented by トニー at 2007-12-21 09:56 x
鹿の美味しい食べ方を教えてもらえませんか?にんにく醤油の刺し身しか今のところ知らないのですが。部位によっても味が違いますね。適材加工方法ももし知っていらっしゃるようなら教えてください。
間伐作業も1人でやるわけにはいかないので、近所の同業の人とコンビでやることになると思います。最近は、怪我対策として傷害保険をかけるように勧めています。
Commented by ken_nakaji at 2007-12-24 10:34
焼き肉(レア)がおいしいと思います。
Commented by トニー at 2007-12-27 18:12 x
カルビ焼肉くらいの厚さと大きさが適当なんでしょうか。それともステーキサイズでしょうか。サイコロ型か・・・。どれがお勧めですか?
Commented by ken_nakaji at 2007-12-27 20:34
鹿をよく捕る方にいただいた大きさは、サイコロサイズで串刺しにして、外側だけ焼けたら食べてました。(中は半生状態)これぐらいが一番美味しいとのことでした。実際美味しかったですね。
Commented by FIGHTING DOG at 2008-02-11 09:37 x
これだな、俺が11月の研修の時に聞いた話は。

絶・対、させてはなりません。
←menu