小田深山調査隊(ブナ大木編)

e0002820_19382164.jpg
町が主体となり小田深山の自然や文化を保全・再生・活用しようという取り組みが進められています。その一環としてまだ知られぬ小田深山の原生林を調査するため「小田深山調査隊」に参加してきました。さすがに素晴らしき原生林がそこにはありました。今回を最初に、じこじこご報告します。
まず入り口では大木のブナが出迎えてくれました。この写真は上の方だけです。
e0002820_1943486.jpg
根本付近はこんなにでかいのです。
ここは大野ヶ原のブナの遺伝資源保護区域とは別の場所です。
e0002820_194545100.jpg
下から上ののぞくと、かくのような迫力です。ちょうど太陽が雲に隠れてしまいましたが、きちんと逆光になるともっときれいでしょう。
e0002820_20374968.jpg
次に現れたブナもこのとおり。木と木の間隔も広く10mくらいはあり、とても明るい森です。このように表現するといいことばかりのようですが問題も多くあります。これについては次回以降より。
e0002820_204034.jpg
胸高幹周り4m40cmあります。ここはこのようなブナの大木が当たり前のように点在しています。とりあえずPert1はここまでとしましょう。
[PR]
by ken_nakaji | 2007-10-24 19:47 | 森林 | Comments(0)
←menu