材搬出をおこなう森林ボランティアの役割

e0002820_6401068.jpg
材搬出をおこなう森林ボランティアの社会的意義及び、山間地活性化のための活用策

高知県内で活発に活動するいくつかの森林ボランティア団体(こうち森林救援隊、NPO土佐の森・救援隊、等)は、全国的にもまれな「材搬出」という行為を実施しています。苦労して植えた木を切り捨てるのはいかにももったいないという気持ち、材搬出により活動領域を大幅に広げることや活動費を捻出できること、材を全て利用することが地球環境保全につながること等により実施していますが、視点を変えてこの行為を注視してみると大きな意義や可能性が見えてきます。
小さな植林地から材を搬出するという行為は、昔はあたりまえに山林所有者がおこなっていた行為です。生業にしていた方も多数います。今でも少数ですがおられます(自伐林家と呼ばれています)。この方々はコストをかけず、最小限の機材で搬出し収入を得ております。ただし搬出量は企業体に比べ少ない量となります。いつ頃からか大規模追求、生産性向上追求のために高性能・大規模機械を導入しないと林業の素材生産はできないという外国型の林業が普及してしまいました。現在材価の低迷によりこの高投資型経営組織は青色吐息です。残念ですが今でもそれを追求する姿勢は変わっていません。しかし、身近な足下を見てみますと少数ですが、小さな自分の所有する森林に小規模な作業道を抜き、チェーンソーと小さな林内作業車でコツコツ搬出する自伐林家を見つけることができます。この方々に聞いてみますと大儲けすることはないが十分生活できる収入を得ております。また、農業や会社勤めの副業としてやられておる方もおります。旧鏡村吉原地区の奥の方でもこういう方を見かけたこともあります。(この方今でも「シュラ」という伝統手法で搬出されていました) 小規模な故に全く目立たず、行政からの支援も少なくひっそりと隠れているというのが現状です。嶺北の有名な林業家の方に、環境にも防災にも木材としても「いい山」があれば見学させてくれとお願いすると、森林組合や業者が施業する山ではなく、林野庁の森林管理所が施業する山でもなく、小規模な自伐林家が施業する山へ案内され見せてくれます。要するに自分の山を愛し、自ら山に頻繁に入り整備すると自ずと、環境・防災的にも材としても良好な山ができるということなのです。実は、材搬出している森林ボランティアはこの自伐林家とほぼ同じ手法で間伐・搬出等の森林整備を実施しております。こういう事実がひそかに存在しているのです。
そこで、山間地の問題や課題と合わせて考えてみたいと思います。

■一般的な中山間地の問題点
・林業に加え土建業が衰退し、中山間地での収入源が減り、生活基盤がゆらいでいる
・農業も条件が不利な立地であるため、農業だけで生計を立てるのは至難のわざ
・山腹崩壊や土石流の発生が懸念される
・他上記に加え、福祉面や交通面の不利さから過疎化に拍車がかかっている
・etc

■中山間地の利点
・自然や、よい風景が豊富 → エコ&グリーンツーリズムが展開できる
・伝統的文化・技術が残っている →     〃
・農地と林地が近い    → 農業と林業を双方ができる(複業化)
・標高が高い、水がきれい → 木が育ちやすい、環境保全型農業がしやすい
・etc

■林業に対する間違った常識
・林業は儲からない、赤字になる → 業者に依頼すればそうなるが、自ら実施すれば儲かる(林業会社で好業績なところは、自ら所有する山を自ら施業する会社で、ほとんど好業績・・住友林業、ナカエ産業、速水林業、旧大正町、浜口氏等の自伐林家etc。それに比べ他人の山を請け負う業者は不振・・森林組合他。)これは山林所有規模の大小はあまり関係ないと感じる。ちなみに原木市場価格(14cm以上の1立方)は安くなったとはいえスギ約1万円、ヒノキ2万円程度もします。また、市場へ出せばすぐ現金化できます。これは結構な魅力です。
・森林整備(特に材搬出)は素人には技術的に無理 → 昔は山林所有者皆、自ら実施していました。また現在我々のような森林ボランティアが誰でもできることを証明しています。

■上記のことから
スギ・ヒノキの植林地がたくさんある中山間地では、儲かる林業(自分の山を自分で施業する)、要するに自伐林家を増やせば地域や個人の収入増、産業化に発展させられる可能性があります。いきなり生業にすることは難しいと思われるため、農家の副業、サラリーマンの副業として林業を位置付け推進すると林業が生き返るでしょう。現在行政が進めている大規模に団地化する(施業は森林組合等とする)施策はそれで進め、そこからあぶれた小規模な山林を対象に実施すればよいと考えます。
また、身軽な施業ができる組織(低投資型の組織)をつくり、自らで(山林所有者)できない山があれば、施業の担い手を都市部に求めるのもおもしろいことです。体験活動的なボランティア、ちょっと本格的に学生のボラバイト、若者のアルバイト、かなり本格的に定年退職者のセカンドワークとして。等々いろいろ可能性は広がります。

■森林ボランティアの社会的位置付け
こういうことから、現状でも材搬出をおこなう森林ボランティアは自伐林家を目指す人の入り口であり、また技術研修機関と位置付けることができます。また、将来は森林組合がカバーできていない身軽な施業組織に発展させられるでしょう。現在林業界は素人からいきなりプロ集団である森林組合という構図です。素人とプロとの間にある、ボランティア・ボラバイト・アルバイト・セカンドワークというような労働形態を現出できる可能性があります。このように中山間地にとって森林ボランティア組織は、地域・行政と協働すれば活用のしがいのある組織なのです。

■この施策を実施するために必要な行政支援
・山林への作業道敷設の支援(小規模な山は作業道が不可欠)
作業道敷設を地元農家や土建屋ができるようになれば地域の収入増、産業化につながる
・自伐林家や森林ボランティアへの搬出機材の貸し出し、提供
個人やボランティア組織は財務基盤が薄いため機材等の貸し出し制度等が必要。またその方が機能的と思われる


少し長くなりましたが、最近森林ボランティア活動にも積極的に参加されている岡崎高知市長へ提出した要望書(こうち森林救援隊より)の一部です。さて反応があるでしょうか。
[PR]
by ken_nakaji | 2007-10-10 06:49 | 森林 | Comments(0)
←menu