恐ろしき未整備のヒノキ林

久しぶりに西条に行ってきました。高知県側は連山で徐々に寒風山に近づいていきますが、西条側一気に海まで降りていきます。故に山の傾斜は相当急になります。
しかし、その急な山の斜面に実にたくさんのヒノキ林が存在しています。このヒノキ林が数年前の集中豪雨で、確か100カ所を超える表層崩壊が起こっています。高速道路も通行止めになった思います。194号線沿いだけの表層崩壊と沢抜けの現場の写真です。数キロの間に何十カ所もあるような感じです。ある意味「未整備のヒノキ林」の将来を見せてくれているような国道沿いです。物部川上流も同じようになりました。仁淀川流域は昭和50年に一度ありました。四万十川や鏡川流域も一度見ておくとよいのですが。
e0002820_22595924.jpge0002820_230813.jpg
e0002820_2302998.jpg e0002820_230386.jpg
e0002820_2305559.jpge0002820_2316100.jpg
e0002820_2325255.jpg

            こんな急傾斜の岩場まで植林されていたのですね
[PR]
by ken_nakaji | 2007-09-26 23:01 | 森林 | Comments(0)
←menu