小田深山渓谷での国有林施業

e0002820_1701528.jpg
ここは小田深山渓谷(内子町)です。渓谷と渓畔林が見事にマッチしています。この写真のすぐ横に100年生ぐらいのスギ林もありました。70cm~1mぐらいの大木になっており、林間にも自然木が立ち並び渓畔林とは違った風景ができあがっておりました。しかし昨年この杉林、大木中心に間伐されてしまいました。
e0002820_1775755.jpgこれが切り株跡です。ほんとに大きいのから順に切られています。渓谷の散策道に接した場所です。残念!
e0002820_1710661.jpgさらに残念なものがこれです。間伐を実施するために林間にあった自然木を全て切り倒しています。見事に1本も残っていません。ここは小田深山渓谷散策ルートの真ん中に位置し散策道に接した場所です。美しい渓谷の真ん中に突如としてスギしかないまったく無機質な空間が作り上げられました。こんな無作法な施業の仕方を許していいのでしょうか。
e0002820_1720522.jpg少し離れた場所でヒノキの間伐がおこなわれていました。対岸から見るとヒノキの林間に自然木が3本見えます。他は切られたのでしょうか。この3本も切られるのでしょうか。
e0002820_17223992.jpgこのように1本ずつ大事に搬出されています。
e0002820_1723422.jpgなかなか大きいヒノキです。このヒノキも風景化していたのではないでしょうか。ともかくヒノキを大事にするぐらい自然木へも目を向けてほしいものです。内子町が森林管理局に対して抗議しているようにも聞きました。
e0002820_17254771.jpg
なんとか改善してくれ、このような針広混交林の森を出現させてもらいたいものです。この森はヒノキの施業場所のすぐ横の森です。理想はそばにあるのですが。
[PR]
by ken_nakaji | 2006-11-20 18:56 | 森林 | Comments(1)
Commented at 2006-11-24 01:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
←menu