危うい小田深山

e0002820_9283477.jpg先週土曜日の小田深山入り口の状況です。普段の小田深山渓谷です。
e0002820_9305815.jpg土曜日の夜間雨が降りました。結構降ったようなのですが、するとこのようにすさまじい濁りです。ちょっとびっくりです。獅子越峠から流れる本川です。
e0002820_9325366.jpgこれは上記の下流の様子です。写真写りが悪く、はっきりわからないと思いますが相当な高濁度です。
e0002820_9355042.jpgこちらは上流部にブナ林の残る比較的自然林の多い支川です。濁度がまったく違います。
e0002820_9372598.jpgこれはもっと下流の支流です。ここもあまり濁っていません。
深山荘の主人に聞くと、最上流にある「小田スキー場」と人工林施行のために入れた作業道がこの高濁度の原因とのこと。大きな淵がいくつもある小田深山、埋まってくる可能性も。陸上・水生昆虫とも豊富な小田深山、生態系にもかなり影響でるでしょう。「スキー場&人工林」のために小田深山も危機に瀕しています。さあ!どう対応するか。
[PR]
by ken_nakaji | 2006-09-13 06:42 | 森林 | Comments(0)
←menu