流木活用

e0002820_7282451.jpg大渡ダムの流木を粉砕しております。東洋電化工業が実施しているようです。何に使うのでしょう。
e0002820_7303025.jpg法面の吹き付け材として利用していました。「バークブロワ―」といっておりました。
この吹き付け、荒れたヒノキ林の間伐時に使用できないのでしょうか、間伐した材をチップ化し土壌流出・侵食防止として林床に撒けば効果がありそうです。しばらくすれば土に返ります。バークブロワ―のホースも100mぐらいは伸びるようです。河川や谷筋の荒れたヒノキ林には効果絶大のようにも感じます。近年森林から河川に流れ出る土砂が大問題になっています。河川への土壌流出防止方法として実験してみるのもいいかもしれません。
e0002820_7405129.jpgここは早明浦ダム湖最上流部に流れ着いていた流木です。ほとんどがスギヒノキのようです。
[PR]
by ken_nakaji | 2006-08-05 07:43 | 森林 | Comments(0)
←menu