今年度最後は東北でした

3月も忙しく全国飛び回りました。幡多→宿毛→東京→北海道池田町&別海町→高知→東京→富山立山町→米原&長浜市→愛媛東温市→熱海→岐阜高山→高知→陸前高田→仙台。
最終週は、高知で自伐型林業推進協会の理事会を行った後は(写真は懇親会での塩タタキです。これは旨かった)、陸前高田に飛び、来年度展開の打ち合わせと、京丹後から支援職員として来ていた野村さんの送別会でした。
その後、仙台に戻り、東北被災地3県をカバーする自伐型林業推進の地方組織の立ち上げ会(キックオフ)をおこないました。東北のモデルになってくれる方々が集ってくれました。東北林業の歴史は割合浅く、50年皆伐や大規模な機械施業ばかり行われ、荒っぽい施業・過間伐や荒れた山林が多いのが現実で、これまで残念ながら永続的森林経営がなされてなかった地域と言えると思います。
そんな状況から本格的な永続的森林経営を根付かせる第一歩になればと思います。また広葉樹林業も東北の地から開発・成功例を出してもらいたいですね。
みな若い人達が多いですが、ぜひ頑張ってもらいたいですね。
今年度最後の訪問地は東北(陸前高田&仙台)となりました。2017年度もよろしくお願いいたします。
e0002820_17012003.jpg
e0002820_17012799.jpg


[PR]
by ken_nakaji | 2017-03-31 17:02 | 森林 | Comments(0)
←menu