2015年の自伐展開の成果

11月9日から12月26日までの全国ロードは、かなりハードでした。この間、家に滞在できたのは3日間でした。
由利本荘市→富士吉田市→東京→栃木→熱海市、埼玉小川町→飯能市→東京→鳥取智頭→仙台→登米市→米原市→長浜市→福井市→東京(相談会・自伐議連勉強会)→智頭町→四万十市→宿毛市→西予市、岩手県大槌町→九戸村→陸前高田市→気仙沼市→石巻市→会津若松市→北上市→東京、鹿児島出水市→大阪→徳島、です。
かなりの数の地域を転戦しましたが、以前と違うのは、このほとんどの地域が自伐展開を開始している、またこれから開始するというアクションを起こしている地域が多いということです。
情報提供だけのところは会津若松市だけで、また具体的展開までは至ってないが検討中は埼玉小川町・九戸村・登米市です。他の地域は全て既に自伐アクションを起こしている地域です。今年一気に増えてきました。情報提供の時代から展開・実践に移ってきました。

今年までの成果をまとめると
 ・自伐を政策的に位置付けて自伐推進を始めた市町村:14自治体
 ・自伐支援を始めた県:3県
 ・高知県の成果:高知県が自伐支援を予算化し、小規模林業推進協議会を設置
    既に会員が約280人、自伐展開を始めた人が100人越え(100人以上の就業創出
 ・全国で自伐展開し始めた事業体(チーム)数:30事業体以上、人数では200人以上
 ・自伐型林業研修を始めた地域:13地域
 ・自伐型林業普及推進議員連盟(自伐議連)が衆議院参議院議員合わせて43人で立ち上がった
   会長:中谷元氏、代表代行:新藤義孝氏、幹事長:坂本哲志氏、事務局長:田野瀬太道氏、事務局次長:高野光二郎氏

やっと「実装」や「普及」という言葉が現実味を帯びてきました。
この実績は推進組織が確立してきたこと、事務局スタッフや、現地の推進団体が増えてきたことが、この成果につながっています。
まさに地方創生の現実化ですが、気付かない人もいれば、気付きたくない人も多いようですね。林野庁などは、つい最近の林業団体の会合で、私と自伐批判を繰り返していたと、参加した人から聞きました。つまりこの成果は林野庁の支援を受けずに、出た成果ということです。林野庁が目を覚ませば、凄まじい成果を生み出す可能性があるのですが。早く目を覚ましてほしいですね。
高知県だけで100人以上の就業を創りだしているのです。それも森林環境を保全し、持続的森林経営を確実なものにしているのです。森林組合などを遥かに超越しているのですが、ほとんどの皆さんが気付かずに進んでいるのです。

まあ、それはともかく、来年は、さらにこの展開を加速させたいですね。皆さん、よろしくお願いいたします。
e0002820_10244811.jpg
e0002820_10275483.jpg
e0002820_10192027.jpg
e0002820_10252528.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2015-12-27 10:28 | 森林 | Comments(0)
←menu