ゴルフ場が自伐を兼業

富士の後は栃木県のゴルフ場に行ってきました。
ゴルフをしに行っていたわけではありませんが、久しぶりにやりたくなりましたね。
このゴルフ場、薪ボイラー(ガシファイアー)を導入して、ゴルフ場からで出る原木を燃料として、約1千万円の燃料代を削減しています。純利益1千万円を稼ぎ出したと同じ効果です。
実はそれだけでなく、私が今回訪問したのでそれに加え、ゴルフ場林業の可能性を探るためです。十分可能であることが確認できました。
これはゴルフ場だけでなくスキー場でも可能です。観光地の旅館でも可能なのです。全く新たな林業スタイルです。ゴルフ場経営の経費削減だけでなく、さらに付加価値化できるおもしろい展開ができそうです。具体的設計はこれからですが、可能性十分ありですね。自伐型林業の凄いところはこのように新たな展開を創出できる幅の広さ、懐の広さがあるという点です。
森林組合等の専業型の現行林業では全く想像すらできない展開でしょうね。
このゴルフ場内では農場も展開されており、直販やレストランにて使われていました。このあたりもこのゴルフ場のセンスの良さですね。
e0002820_08190295.jpg
e0002820_08190233.jpg
e0002820_08190242.jpg
e0002820_08190283.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2015-11-28 08:19 | 森林 | Comments(0)
←menu