昨年の副業型自伐林家養成塾卒業生

今年も、土佐の森の「副業型自伐林家養成塾」が始まりましたが、昨年度受講し、今年から本格的に自伐型林業に踏み込んだ、高知県いの町の大久保君夫妻の現場を見させてもらいました。
佐川の谷岡君同様、3トンユンボと2トントラックを最初から購入して始めています。今年は作業道敷設500m以上、間伐1~2ha、収入200万円程度を目指している感じです。
試行錯誤ながら既に200mの作業道を敷設していました。指導は橋本さんから受けています。1年目にしてはかなり上手です。素晴らしいですね。彼の場合、山林所有者ではないため、そこが当面の一番の課題ですが、思い切りの良さが彼の特徴です。今年の現場を勝負どころととらえ、全面勝負に出ています。奥さんもそれをしっかり支えている感じです。必ず道は開けると思いますね。頑張ってもらいたいですね。全国でこういう若者がどんどん出てもらいたいですし、こちらも支援したいですね。
e0002820_06052994.jpg
e0002820_06052954.jpg
e0002820_06053094.jpg
e0002820_06052947.jpg


[PR]
by ken_nakaji | 2015-10-06 06:05 | 森林 | Comments(0)
←menu