大いににまずい!荒い施業&荒い作業道が全国で一般化(頻発)しつつある

 写真はここ半年の内に全国で見かけた間伐し終わった山林です。正直「荒い施業」「荒い作業道」です。一気にこういう荒い間伐施業が全国で頻発しております。この状況を非常に危惧しております。請負事業体ではこういう施業が一般化し、悪いと思っていないことも大問題です。
 請負事業体は赤字を避けるために、1回1回の間伐施業を採算合わせることに全力を注ぎます。目の前の間伐施業を採算合わせるために、如何に売上を上げるかに必死になります。高投資・高コストのかかる高性能林業機械を導入しているためそのコストと人件費を上回る売り上げを上げることが必須です。そのためにとにかく間伐率を上げるしかありません。写真の山林は5~7割間伐がおこなわれているとしか思えません。材積ベースでは8割を超えているのではと思われるものも増えています。平成23年度から実施された森林・林業再生プランの補助制度はこれに拍車をかけました。間伐出材量を増やせば増やすほど補助金額が上がり、大きい作業道を敷設すればするほど補助金額が上がる制度が導入されました。間伐補助金はそれまで約20万円/ha程度だったものが、出材量を最大(haあたり100m3)にすれば5倍の約100万円/haまで上昇する制度(100ha以下の小規模施業者の補助金をカットし、大規模施業者の補助金を何倍にも上げること)となりました。故に、施業実施者は間伐率をより上げる方向に、より大きな作業道を敷設する方向に一気に動きました。全国の森林組合や事業体がこの方向に動き、写真のような山林が一気に増えたものと思われます。
 実は、これまで委託していた山林所有者が、こちらの話を聞き自伐化したいと相談を受ける場合があります。しかし、こういう山は間伐と言いながら、実は主伐されているのに等しく、向こう数十年収入をあげることができない山林になっています。一気に過間伐され環境が激変した山では風害や雪害を受けやすくなり、また枯れる立木も増えます。残った流木は傷つき、細く曲がったものばかりです。荒い作業道は崩壊があちこちで起き、進むことすらできない山もあります。長伐期施業など、全くできない状況になってしまっています。皆伐施業も増加し、採算割れから再造林されない山も急増していますし、土砂流出も続きます。
 間伐を依頼した山林所有者は、ある意味間伐意識が高かった所有者です。しかしそれがアダとなった状況と言えます。やはり「知らない」「間違った固定観念」は実にまずい状況をつくり出します。非常によくない状況に追い込まれているように感じます。意図したかしなかったかは別にしても、森林・林業再生プランにより、日本の森林にとって悪い大きな流れがつくられてしまったように感じます。
 この流れを止め、よい循環に変えるためには、遅いように見えても全国各地域にて、一人一人の山林所有者と地域住民の意識を変えるしかありません。自伐型林業普及はまさにこれを実践しています。自伐型林業はこれと全く逆の持続可能な長期的森林経営と森林環境保全を両立させる林業手法です。どこまで進展されられるか、大きな波に小さな力で挑んでいるという状況です。まじめな林業家の皆さん、心ある皆さんにはぜひ協力いただきたいですね。
e0002820_21163739.jpg
e0002820_21185544.jpg
e0002820_21163608.jpg
e0002820_21163628.jpg
e0002820_21163605.jpg
e0002820_21163562.jpg
e0002820_21163578.jpg
e0002820_21163605.jpg
e0002820_21163609.jpg
e0002820_21163617.jpg
e0002820_21211813.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2015-09-06 21:22 | 森林 | Comments(0)
←menu