福祉との協働が始まりそう

千葉県香取市の福祉楽団という福祉事業体周りの人々が自伐型林業の視察に来られました。
福祉楽団周りと言っても、かなり多彩で、メーカー、コンサル、弁護士、役場、建築家、銀行、等です。かなり新たな分野の人達です。
土日の二日間の対応でしたが、なかなか濃いと同時に疲れもしました。
一体何か始まるのでしょう?おもしろいことになるか、いなか、乞うご期待というところでしょうか。

----視察に来た原口氏(ドットファイブトーキョー)のレポートです(引用)---

【ドットファイブトーキョーは、自伐型林業を推進します】
原口です。4月25・26日、企業、行政、NPOというメンバーで、高知県の自伐型林業を視察してきました。示唆的な内容で大変勉強になり、セクターを超えた取り組みも全国で始まります。ドットファイブトーキョーもその動きに積極的に関わっていくにあたり、以下簡単ですが「自伐型林業」について整理しました。お時間ある方、お読みください(ほんと面白いです)。ご興味ある方、お知らせください

--------
自伐型林業は、日本の7割を占める山林を、持続的で多様な雇用と地域で循環するエネルギーにかえます。 これまでの大型機械を中心とした採算の合わない大規模林業とは異なる、人と地域を中心とした小規模林業です。

ヨーロッパの森林大国ドイツ、オーストリアは、既に自伐型林業が中心です。

日本においても、全国各地で女性や若者が山から収入を得て、暮らし始めています。農業と自伐型林業との兼業は収入を安定させ、中山間地域を含む日本の農業を維持・振興します。山を傷つけない施業は、環境を保全し、土砂災害を未然に防ぎます。薪割は介護予防や地域の交流活動となり、薪の配達は高齢者の見守りになります。

今、山を裸にしてしまう皆伐を旨とする大規模林業を卒業しないと、日本の山は数十年間雇用もエネルギーも生み出せなくなります。風土に根差した日本らしい暮らしが遠のいてしまいます。

林業の転換は、自伐材を使った更なるエコハウス(パッシブハウス)を生み出します。薪ボイラーの開発や農業利用などを促進します。社有林の自伐化は、企業のコスト削減になるだけではなく、雇用を生み出し地域創成の柱となります。

これらは一例です。ビジネスチャンスは限りなくあります。決して市場に背を向けた林業ではありません。

ドットファイブトーキョーは、企業やクリエイター、行政、市民が自伐型林業とつながり、輪を拡げ、新しい価値を生み出す活動に力を入れます。

ご興味ある方、お知らせください。子世代、孫世代に安心して暮らせる社会を残しましょう。

ドットファイブトーキョー 原口悠

e0002820_08541380.jpg
e0002820_08541321.jpg
e0002820_08541372.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2015-04-29 08:54 | 森林 | Comments(0)
←menu