研究・開発事業の同窓会

昨日は東京で25年度まで実施していたJST「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」領域の同窓会に出席してきました。

高知からは当然飛行機で移動でしたが、高知空港で全国的にも有名なデザイナーの梅原真氏にバッタリ遭遇(梅原さんとは時々飛行機や空港で出くわします)、しばらく林業談議に花を咲かせました。飛行機に乗り込むと前の席に尾﨑高知県知事が乗り込んでこられ、こちらもしばしですが林業談議というか状況報告。なかなか濃い移動になりました。

JSTの同窓会は和やかにおこなわれ、同窓会組織を立上げ、毎年継続するとのこと。参加者はやはり事業を継続・発展させているところが出席しておりましたね。この領域では都会から田舎への大規模IUターンによる脱温暖化は重要な位置付けがされておりましたが、若者の就業を創り、これが実現できそうな取組はやはり自伐型林業しかない感じでした。
JST社会技術センター長はじめ文科省からも審議官が来られておりましたが、自伐型林業が大いに気になっておられたようで「どうすれば自伐普及に協力できるのか?」と前向きな意見もいただきました。
昨日は、楽しい1日となりました。


e0002820_09593150.jpg


[PR]
by ken_nakaji | 2015-03-11 09:59 | 森林 | Comments(0)
←menu