テレビ局の取材で上名野川、安藤製材所、気仙沼市へ

先週はテレビ局の取材に対応して、高知県(仁淀川町といの町)と宮城県気仙沼市を訪問してきました。
まず最初は仁淀川町の上名野川集落です。集落内の自伐林家が活躍している地域です。自伐林業者は自分の山だけでなく、集落で整備できない山林所有者さんたちをまとめ(集落の裏山約3千ha中、数百haの山がまとまってきています)、できるメンバーで自伐型林業を展開する「集落営林型」を展開しています。50世帯程度の山奥集落にて、自伐型林業による就業を11人創出(親子を中心としたチームが4チーム11人)しています。このうち4人がIUターンです。すごいことです。森づくり技術はまだまだでしょうが、搬出技術は相当付いてきています。
Uターンして3年の若者も、収入は十分です。一つの組織だけで独占せず、できる住民を育てながらみんなで施業しています。

次はいの町の安藤さんですが、得意の製材に磨きがかかり製品販売が順調推移しており林業の6次産業化が板についてきました。

気仙沼市に移動して、漁家林家と農家林家の取り組み、エネルギー利用のための林地残材収集システムを取材されました。自伐型林業推進の成果と広がりが感じられるような番組内容になってほしいですね。

最後に岩手の吉里吉里国を訪ね、現状を確認させてもらいました。既に6人が自伐型林業で生業化しており、順調に成長しています。薪の販売は徐々に拡大しており、宿泊所への薪ボイラー導入、その運用も順調そうでした。我々の支援も最終段階という感じでした。
e0002820_1728291.jpg
e0002820_1728402.jpg
e0002820_17285237.jpg
e0002820_1729165.jpg
e0002820_17291427.jpg
e0002820_17292787.jpg
e0002820_17294321.jpg
e0002820_1730723.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2014-09-29 17:30 | 森林 | Comments(0)
←menu