「道づくりの施工技術」岡橋清元著

先日視察に来てくれた「壊れない道づくり研究会」の会長であり、「清光林業」の会長であり、また新たに設立する「自伐型林業推進協会」の正会員にもなっていただく予定の、岡橋清元さんが、全林協から新たな作業道づくりのマニュアル本を出版されました。
本日、岡橋さんよりわざわざ送っていただきました。まことにありがとうございます。
自伐型林業者には大いに参考になる本ですので、みなさん是非購入して道づくり読本としてください。

大橋慶三郎さんや岡橋さん、橋本さんの作業道は自伐林業者の作業道です。施業委託型の請負事業体では、なかなかこのような道づくりはできません。このあたりのニュアンスがわかるようになると自伐型林業の凄さがわかりはじめますね。

岡橋さんはこの本の「はじめに」のところで、作業道づくりを始めた当初大崩壊させ、美林を失い悔やんでいるころ、大橋慶三郎さんとの出会いを次のように書かれています。
「『あなたが人に頼らず自分でやるならお手伝いしましょう』。この時の言葉を今でもはっきりと強烈に耳に残っています。以来、大橋式作業道の虜になってしまいました。」と、
『人に頼らず自分でやるなら』と大橋さんは岡橋さんに言われています。まさしく自伐林業を実践するなら、ということですね。
e0002820_738397.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2014-05-03 07:38 | 森林 | Comments(0)
←menu