自伐は土佐の山間より

「自由は土佐の山間より」という言葉がありますが、現在は「自伐は土佐の山間より」ですね。
専業、兼業の自伐林業チームが続々と生まれてきています。

専業に近いが、イノシシ猟も副業で展開する、仁淀川町上名野川の「チーム片岡」です。親子、友人との3人チームです。上名野川にはほかに数チーム存在する自伐型林業集落ですね。
e0002820_1038523.jpg

6次産業化が特徴の、いの町吾北の「チーム安藤」です。現在新築住宅2軒受注中です。
e0002820_1040255.jpg

本格的な林業女子を目指す梢ちゃんが参加する「チーム宮崎」です。彼らは自伐型林業主業にしながら、四万十川のエコツアーなどと兼業させています。
e0002820_1042417.jpg

地元行政に無視されながらも、それを変えようと立ち上がった土佐清水市の「チーム浜口」です。お寺と兼業するちょいと変わった自伐林業チームです。
e0002820_10524727.jpg

町あげて自伐型林業の支援を打ち出した佐川町にて、専業で実施している「チーム谷岡」です。まだ初めて2年目の二十歳ですが、自伐林業による収入(年収)も300万円近くになろうとしています。
e0002820_10561478.jpg

(全国でも、これと同じようの減少が生まれつつあります。)

このように高知で県では、どんどん自伐型林業で若手が就業してきています。
仁淀川流域の自伐型林業者たちの素材生産量は、1万m3を超えています。この地域の森林組合の素材生産量をはるかに超え、2倍以上です。
生産量を増やしたければ、自伐型林業を支援することです。この1万m3は、高知県の支援や予算はほとんど使っていません。県が本腰を入れれば一気に倍増できるでしょう。
「小規模分散型は倍々ゲーム」とよく言われますが、まさにその通りです。「大は小を兼ねないが、小は大を兼ねる」です。
こういう状況を高知県行政はどう見ているのでしょう。そろそろ本腰を入れて支援すべきだと思いますが、残念ながら鈍いですね。早く気が付いてほしいものですね。
[PR]
by ken_nakaji | 2014-03-26 11:04 | 森林 | Comments(0)
←menu