佐川町の来年度予算案

高知県佐川町の来年度予算案が高知新聞で紹介されています。
「自伐林業支援」という活字が躍っています。おそらく単独市町村で、これぐらいの自伐林業支援予算を組んだのは全国初ではないかと思われます。
内容は、継続的な自伐林業研修会、自伐林業モデルチームづくりのための地域おこし協力隊の導入、これまでの林業補助金を自伐林業者が使えるようにした結果、これだけの予算額になったものと思います。
来年度の目玉として、総合計画と自伐林業支援となっています。自伐林業推進が町の中核事業になりました。素晴らしいことですね。町長の覚悟に敬意を表したいですね。

しかし、「出る杭は打たれる」と言います。県の林業政策とは異なるため、圧力がかかる可能性も十分あります。これまで林業予算を独占してきた団体からもあるかもしれません。
故に我々も、心して佐川町を支援せんといかんですね。市町村に初めて空いた一穴を、どんどん全国の心ある市町村に広げていきたいですね。松下幸之助の名言のように「出過ぎた杭は打たれない」という状況にしたいですね。
e0002820_10264587.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2014-03-02 10:26 | 森林 | Comments(0)
←menu