気仙沼は全国モデルになる可能性十分

土佐の森・救援隊が今最も重点的に支援しているところが気仙沼です。被災地支援活動としてスタートしましたが、地元団体も本気になり、一気に加速しております。
システム内容は、高知県仁淀川町にて実施したシステムとほぼ同じ内容です。
自伐林業+木質バイオマス利用+地域通貨です。
仁淀川町システムとは、木質バイオマスのエネルギー利用の手法が手直しされておりますが、収集システムはまったく同じと言えます。
しかし、立地は全く逆で、仁淀川町は山間地で、かつては林業盛んな地域、気仙沼は三陸の海沿いの漁業地域で林業はほとんどなかった地域です。
しかし、同じ仕組みを導入してみると、全く同じ推移、同じ結果が出つつあります。実は、出荷者数、出荷量とも気仙沼が上回っているのです。これにはちょっと驚きました。被災地の真剣さゆえのことだと感じます。
この事実は、土佐の森方式や自伐型林業が、全国どこでも対応可能であることを証明しています。すごいことですね。

仁淀川町事例も、定年退職者や高齢者農家たちが、先陣を切り、若者があとから追っかけました。
実は気仙沼も全く同じ状況です。八瀬地区というところ定年退職者や高齢者農家が集まり、経営計画を立て持続的に自伐型林業を展開する覚悟を決めております。
自伐林家養成塾を繰り返すことにより、定年後であっても、きちんとした林業が展開できることがわかってきたのでしょう。是非頑張ってほしいですね。
今後は、若者が追随できる状況をつくっていきたいですね。
そして日本の林業を変えていきたいですね。

最近はマスコミにも取り上げられるようになりました。

(先の土日におこなった、初心者向けのチェーンソー研修です。過去最大の参加者となり、興味を持つ地元住民が急増しております)
e0002820_11531466.jpg

(昨年から参加している、中級者組です。作業道敷設の路線入れの研修中です)
e0002820_11551880.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2013-12-24 11:55 | 森林 | Comments(0)
←menu