谷岡青年の自伐林業

この土日は本場高知での自伐林家養成塾です。内容は作業道づくりです。
この日の現場は、2年前の養成塾卒業生の谷岡君(二十歳)の山です。

彼は佐川町にある持ち山にて、卒業後お母さんとともに自伐林業を開始して2年目ですが、このように約1.5kmほどの作業道を敷設しております。最近の作業道はかなり上手になっております。成長が垣間見えます。高卒後未経験の林業に参入してまだ2年、大したものです。橋本さん言うとおり、自伐林業は覚悟があれば誰でも本当にできるということを身で証明してくれています。
ちょっとひきこもり気味だった彼が、自伐林業でどんどん成長してきています。

この日は講師の橋本さんによる、できた作業道の検証と、悪い箇所の修正です。非常に勉強になりますね。
真面目にとても頑張っている彼ですが、この山は条件に達しないないということで国の支援を受けられない山です。何とか県の支援を受けながら実施してきました。
若いながら非常にいい森になりつつあります。来年度は国もちゃんと支援できるように変わってほしいものですね。
e0002820_1144340.jpg
それと、今年の養成塾参加者は、佐川町住民であったり、佐川町に山を持っていたりと、佐川町にゆかりのある人が多いのです。またやる気がある人多くおります。
新佐川町長も自伐林業推進をやる気満々です。佐川から自伐の波を起こしましょう!
e0002820_1165942.jpg
e0002820_1171231.jpg
e0002820_1172788.jpg
e0002820_1173939.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2013-11-18 11:08 | 森林 | Comments(0)
←menu