自伐林業推進政策を掲げる自治体が増え始めた!

e0002820_743959.jpg
この案内板は、島根県益田市役所内です。益田市は自伐林業推進を自治体あげて実施することになりました。
先日、市長さんや議会議長さんはじめプロジェクトメンバーで確認してきました。その中核課が林業水産課です。市有林を活用しながら、民有林展開をおこなう計画です。出口対策としての薪ボイラー導入も併せて実施する予定です。

先進事例となった高知県仁淀川町は、残念ながら離脱してしまいましたが、宮城県気仙沼市がいち早く導入し、今回益田市が続きました。益田市の隣の津和野町も続くべく、役場職員が奮闘してくれています。来月からは、仁淀川町の下流の佐川町が続いてくれそうです。
和歌山の、みなべ川森林組合も全面的に自伐林業推進をおこなうと、全国初の森林組合対応が始まっています。組織体による自伐林業推進が始まりましたね。加速することを期待しましょう。
[PR]
by ken_nakaji | 2013-10-23 07:17 | 森林 | Comments(0)
←menu