幡多地域を転戦

e0002820_2023411.jpg
週末は先週の四万十市に続き、高知県南端の竜串へ行ってきました。
土佐の森の他地域展開の一番最初(7年前)に実施した地域でしたが、残念ながら地元が対応できずにこれまで来ました。やっと動き出すかなという状況です。
土佐清水市の昭和40年代は、3割が漁師、3割が山師、残りがその他の職業という感じだったということです。もともと漁業と林業で成り立っていた地域なのです。しかし今は林業はほとんどなくなっています。森林も放置されっぱなしですね。
10年前、その放置した森林、他者任せにしてしまい荒い施業がおこなわれた結果、山林は崩壊し土砂流出が激しく、最大の売りであったサンゴが壊滅的な状況となりました。しかし、海の土砂浚渫は進みましたが、発生源である森林を再生させる取り組みは一切行われずに来てしまいました。私は何度となく、そこに踏み込むべきだと、そのために環境共生型林業である自伐林業を推進するよう訴えましたが、残念ながら無視される結果となりました。
今回の取り組みにより、こうしたことに気付く人が増えることに期待したいですね。

四万十市もそうなのですが幡多地域は大山林所有者が結構多い地域のようです。今回の研修にもその一人が来られていました。こういう方と連携が取れれば、いい方向に進みますね。シマントモリモリ団(チーム宮崎)も大山林所有者と連携して、間もなく自伐林業が本格化しそうです。またよく調べてみるとメンバーの中にも大山林所有者がいることがわかってきました。俄かに盛り上がっております。竜串チームも、これに倣ってほしいですね。ともかく幡多地域にも、じわじわ自伐林業の波が立ち始めました。

以下のような施業が問題なのだと、早く皆に気付いてほしいですね。
e0002820_2032195.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2013-01-21 20:32 | 森林 | Comments(0)
←menu