阿智村、沸騰の予感!

先週末、長野県の阿智村に行ってきました。
阿智村では随分前から、地域コーディネーターの大藪くんが奮闘してきておりましたので、もう既にかなりの地ならしがされている感がありました。
地域の推進グループもきちんとあり、その中から今年おこなわれて議会選挙でも何人も当選者をだし、阿智村村長も完全に支援してくれており、今回も村長とかなりゆっくり話ができました。また県の出先林業事務所も協力的で、県環境部も支援すると表明してくれました。
何よりびっくりしたのは、村長と対話中も今回の会議で森林組合がどういう反応を示すか、注視しておりましたが、何と「今の林業施策は間違っている、地域が自ら林業することは本来の姿だ、今後森林組合は支援する」と表明してくれました。皆驚きましたが、この組合長1年前、私が話するのを聞いていてくれたようで、じわじわ考えが変わってきてたようで、今回2回目を聞き、こういう考えを表明してくれた次第ということでした。いや~やはり種は植えておかなければいけませんね。ちょっと感動しました。
またこの地域は昼神温泉があり、大手環境企業が薪ボイラー導入支援をしてくれる可能性もあり、一気に動き出す可能性大です。面白くなりそうです。

軽架線研修も実施してきました。
e0002820_22403093.jpg
研修場所は標高が高く950m。遠く、南アルプスの赤石連峰が見えています。
e0002820_22421740.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2012-12-25 22:42 | 森林 | Comments(0)
←menu