気仙沼市バイオマスエネルギー利用材収集システム始動

バイオマスエネルギー利用のための本格的な林地残材収集システムがスタートしました。皆さん乞うご期待です。
菅原気仙沼市長、高橋気仙沼エネルギー開発㈱代表、及び私も参加させてもらいました。
e0002820_12333789.jpg
出荷者が続々と!
e0002820_1234636.jpg
行列ができ、なかなか計量までたどり着きません。
e0002820_12345846.jpg
出荷者も多様です。4トントラック、軽トラ、何とトラクターも現れました。
e0002820_12352617.jpg
さらに乗用車も現れました。
恐るべし!C材で晩酌を!ですね。
e0002820_1235558.jpg
気仙沼の特徴は、材出荷した、その場で地域通貨「RENERIA」が手渡されるところです。
思わず笑みが出る出荷者!ですね。
この地域通貨なんと気仙沼市商店180店舗で利用可能です。素晴らしい!
e0002820_12362294.jpg
出荷登録者:34人、初日の出荷述べ台数:39台、集荷量:37トン
という結果でした。初日にして満足いく結果ではないでしょうか。準備した事務局の皆さん、本当にご苦労様でした。大いに威張りましょう。
e0002820_12365852.jpg
事務局及び協力してくれた役場や地元の方々です。
しかし皆さん、勝負はこれからです。年間1万トン収集に向けて雄々しくスタートです。

合わせて、軽架線による研修も2日間おこないました。
e0002820_154725100.jpg

[PR]
by ken_nakaji | 2012-12-03 12:38 | 森林 | Comments(0)
←menu